気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

骨粗しょう症を予防し骨の老化防止ホルモンのメラトニンを増やす方法

たけしの家庭の医学では骨の老化を防止して骨粗しょう症を予防する方法を紹介していました。骨の老化を防止するホルモンのメラトニンがその予防には大変重要だという。寝たきりや介護の原因となる高齢者の骨折を防ぐため50年以上にわたり骨粗しょう症を研究しているエキスパート、東京都健康長寿医療センター名誉院長の折茂肇先生が詳しく教えてくれました。

続きを読む

スタンフォード大学西野式睡眠法 眠りはじめの90分で成長ホルモンの8割が決まる?

今でしょ講座では、健康で長生きするための最高の睡眠をとる方法を紹介していました。スタンフォード大学教授の西野精治先生が質の高いパフォーマンスを得るための睡眠方法を教えてくれました。西野先生が教える良い睡眠を取る方法のポイントは4つありました。

続きを読む

夏特有のラクナ梗塞の原因 体重計で脱水状態をチェック 人は1時間に2リットルの汗を出せる?

ゲンキの時間では夏に多い脳梗塞、ラクナ梗塞について取り上げていました。この脳梗塞の原因は脱水。こまめに水分を摂取することが大切だということでした。また、体重計を使った脱水状態のセルフチェックのやり方なども紹介していました。

続きを読む

寄せ目ができないと目が疲れやすい? どれくらい目を閉じると疲れ目が解消できるのか

 

ガッテンでは疲れ目がテーマでした。目薬をさしても疲れ目が取れない人はもしかしたら寄せ目ができないタイプかもしれません。寄せ目ができない人は疲れ目が治りにくいとのこと。また、疲れ目解消には目を閉じるのが一番でその閉じている時間が大切だということでした。

続きを読む

リンゴ酢が摂取しやすい理由はリンゴ酸のおかげ? リンゴ酢ミルクの作り方

主治医が見つかる診療所では、苦手な人でも摂取しやすい、今注目のお酢としてリンゴ酢が紹介されていました。このリンゴ酢に含まれているリンゴ酸が抗酸化作用、脂肪燃焼、美肌に良いとのこと。また、リンゴ酢ミルクやリンゴ酢ウォーターとして飲むこともできるとのこと。

リンゴ酢のリンゴ酸とリンゴ酢ウォーターの作り方

健康のために酢を摂ろうとしてむせてしまうことがあります。口当たりが良くて優しく摂りやすい酢としてリンゴ酢がおすすめとのこと。

なんと、このリンゴ酢を使っているラーメンもあるとのこと。都内にある創作麺工房では鳴龍では、看板メニューの担々麺にこのリンゴ酢を使っているとのこと。

リンゴ酢が摂りやすい理由

穀物酢とリンゴ酢を比べると穀物酢の方が酸味が強いというイメージですが、実はリンゴ酢の方が酸度は高いとのこと。

リンゴ酢の方が酸っぱいにもかかわらず優しい口あたりの理由は、リンゴ酸が含まれているためだという。

このリンゴ酸は清涼飲料水等の味付けにも使われていて、さっぱりとした癖のない酸味が付いている成分だということでした。

リンゴポリフェノール

リンゴ酢にはリンゴ由来の栄養成分が引き継がれているという。その1つがリンゴポリフェノール。

リンゴポリフェノールには、非常に強い抗酸化作用があると言われ、老化防止、脂肪燃焼、美肌などの効果が期待できるとのこと。

また、カリウムが含まれていので体内の余分な塩分を排出する働きがあるという。

リンゴ酢ウォーターとリンゴ酢ミルクの作り方

リンゴ酢を製造している工場の人達はよく飲んでいるというリンゴ酢ウォーターの作り方は次のとおりでした。

  1. 水150mlにリンゴ酢大さじ1とハチミツ大さじ1の分量を加えます。
  2. 後はよく混ぜるだけ。

同じように、牛乳150mlに対しリンゴ酢大さじ1、ハチミツ大さじ1で混ぜてリンゴ酢ミルクとして飲むという人もいるとか。ヨーグルトっぽい味がして美味しいということでした。

牛乳の中にリンゴ酢を入れると、中のタンパク質が変りドロッとした感じなるという。ハチミツの甘さをそこに加えると甘酸っぱくなり飲むヨーグルト風になるということでした。ただ、残念ながら乳酸菌は入っていないとのこと。

牛乳が苦手という子供にはおすすめだということでした。

注意点としては、リンゴ酢だけでなく穀物酢でもそうですが、そのまま料理や清涼飲料水にアレンジせずにそのままストレートで飲むのは、逆に粘膜を傷つけてしまうのでやめたほうが良いとのこと。