気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

健康

骨粗しょう症を予防し骨の老化防止ホルモンのメラトニンを増やす方法

たけしの家庭の医学では骨の老化を防止して骨粗しょう症を予防する方法を紹介していました。骨の老化を防止するホルモンのメラトニンがその予防には大変重要だという。寝たきりや介護の原因となる高齢者の骨折を防ぐため50年以上にわたり骨粗しょう症を研究…

スタンフォード大学西野式睡眠法 眠りはじめの90分で成長ホルモンの8割が決まる?

今でしょ講座では、健康で長生きするための最高の睡眠をとる方法を紹介していました。スタンフォード大学教授の西野精治先生が質の高いパフォーマンスを得るための睡眠方法を教えてくれました。西野先生が教える良い睡眠を取る方法のポイントは4つありました…

夏特有のラクナ梗塞の原因 体重計で脱水状態をチェック 人は1時間に2リットルの汗を出せる?

ゲンキの時間では夏に多い脳梗塞、ラクナ梗塞について取り上げていました。この脳梗塞の原因は脱水。こまめに水分を摂取することが大切だということでした。また、体重計を使った脱水状態のセルフチェックのやり方なども紹介していました。

寄せ目ができないと目が疲れやすい? どれくらい目を閉じると疲れ目が解消できるのか

ガッテンでは疲れ目がテーマでした。目薬をさしても疲れ目が取れない人はもしかしたら寄せ目ができないタイプかもしれません。寄せ目ができない人は疲れ目が治りにくいとのこと。また、疲れ目解消には目を閉じるのが一番でその閉じている時間が大切だという…

深呼吸でむくみ解消の効果? 顔のむくみ解消のウンパニ体操とは

ゲンキの時間では顔のむくみを解消する方法としてウンパニ体操を取り上げていました。また、第3のポンプとして呼吸ポンプ(深呼吸)を取り上げ、これと一緒に運動をすることでさらにむくみ解消の効率が上がるということを紹介していました。

ひざ痛改善法はひざを伸ばすだけ? ひざ痛の原因は関節包にあり ひざ伸ばしのやり方

ガッテンではひざ痛改善法を取り上げていました。なんでも、ひざ痛改善法の一番簡単な方法は、ひざを伸ばすだけで良いということでした。ただ、これはだれにでもあてはまるというわけでは無く、リウマチや事故、痛風などがひざ痛の原因になっている場合は医…

脳のゴミ出し力を高める栄養素レスベラトロールとは ゴミ出し力が低下する原因は血管の拍動の衰え?

脳のゴミが増えてしまう事が認知症発症の最大の原因。そこで、たけしの家庭の医学では脳のゴミ出し力に注目。詳しく教えてくれたの国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生でした。脳のゴミ出し力が悪くなる原因は血管の拍動の衰えにあるとか。また、ゴミ出…

筋肉増強栄養素ロイシンを増やす方法は牛乳? 摂取するタイミングとは

足腰を健康に保つ方法はやはり筋肉の衰えを防ぐことが大切。たけしのみんなの医学では、今医学界で注目を集めている筋肉増強栄養素であるロイシンを増やす方法を取り上げていました。高齢者の筋肉減少について詳しい下方浩史先生がこのロイシンを効率よく摂…

エピガロカテキンガレートを効率よく摂取する方法は粉末煎茶が良い? 沸騰したお湯でいれるのがベストな理由

たけしの家庭の医学では、お茶の持つ血管老化防止効果について取り上げていました。その中で、緑茶に含まれているエピガロカテキンガレートに関する健康効果や効率よく摂取する方法などを伝授。詳しく教えてくれたのは東京医科大学の小田原雅人先生でした。

玉のような汗をかいても体を冷やさない? 梅肉エキス(酸っぱい食べ物)を食べるほうが汗が出る理由

健康カプセルゲンキの時間では、玉のようなムダな汗といい汗の違いについて取り上げていました。詳しく教えてくれたのは早稲田大学の医学博士の永島計先生でした。また、辛いものを食べるよりも酸っぱい物を食べたほうが汗が出るとのこと。汗腺をきたえてい…

ごぼうのアク抜きをやってはいけない理由? あったかいご飯に納豆はNG? ブロッコリーのスルフォラファンを増やす方法

世界一受けたい授業では、今話題の本として人気のある『その調理、9割の栄養捨ててます!』の監修をした濱裕宣先生が、やってはいけない調理法などを教えてくれました。具体的には、あったかいご飯に納豆をかけるとダメな理由や、ごぼうのアク抜きが栄養を捨…

クリームチーズとイカの塩辛の組み合わせが以外と美味しくて老化予防になる? 赤だし味噌汁に甘酒、酒粕と味噌の冷や汁の健康効果とは?

世界一受けたい授業では体を若返らせる発酵食品の作り方と食べ方を紹介していました。詳しく教えてくれたのは東京農業大学教授の前橋健二先生でした。番組ではクリームチーズとイカの塩辛の老化防止レシピ、赤だし味噌汁に甘酒を加えた夏バテ防止レシピ、シ…

血管の老化予防に豚のショウガ焼きが良い理由 カルノシンとジンゲロンが動脈硬化予防のポイント

林修先生の今でしょ講座では血管の老化予防(動脈硬化予防)に最強のレシピとして豚のショウガ焼きを取り上げていました。なんでもショウガに含まれているジンゲロン、豚肉のカルノシンという成分が血管老化予防には効果的とのこと。従来の日本型の和食が日…

ワカメの血液を健康にする効果的な食べ方 干ししめじを加えた味噌汁が良い理由

「この差ってなんですか」では、意外と知られていないワカメのカルシウム含有量に注目したワカメの効果的な食べ方を紹介していました。なんでも血液を健康に保つためにはカルシウムをしっかりと摂取する事が大切だとか。詳しく教えてくれたのは長寿を研究し…

脂肪のサビを落とす食材とレシピ、脂肪のサビ改善法? せん茶がダントツ1位な理由

世界一受けたい授業では脂肪のサビの改善法について取り上げていました。脂肪のサビについて詳しく教えてくれたのは、この研究の専門家で九州大学の大和真由実先生でした。番組では脂肪のサビを落とす食材と簡単なレシピと改善法を紹介していました。

巻き肩を改善する簡単な方法とは 深い呼吸ができない原因

主治医が見つかる診療所では、なんでも、一生懸命運動しなくても、簡単に痩せやすい体質にできて、免疫力もアップさせる深い呼吸のやり方を紹介していました。現代人の多くはこの深い呼吸ができていないとのこと。また巻き肩人は呼吸が浅い傾向にあるとのこ…

ネイチャースイートソースの種類とは? 甘酒、メープルシロップやはちみつ

今世界中で話題となっているソースがあるという。それはネイチャースイートソース。健康カプセル!ゲンキの時間では砂糖を一切使わない自然由来の天然甘味料である3種類のネイチャースイートソースを取り上げていました。番組では甘酒、メープルシロップ、ハ…

養殖マグロが血管若返りによい理由 プラーク防止して血管を傷つきにくくする?

その原因、Xにありでは10日間あるものを食べ続けることでみるみる血管を若返らせる食材を紹介。それはお刺身の養殖マグロでした。血管の病気で亡くなる人の割合は4人に1人でがんに匹敵する割合だという。脳梗塞や心筋梗塞など血管の病気で亡くなる人は年間31…

高血糖ストップ遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させ血糖値を改善する方法? 相撲部員の血糖値が高くない理由

血糖値を下げるには、野菜から食べる、運動をする、糖分を減らす食事、ゆっくり食べるなどといった方法があります。みんなの家庭の医学ではこれらの方法に頼らず誰もが持っている血糖値ストップ遺伝子を使った血糖値を改善する方法を取り上げていました。こ…

納豆とヨーグルトのダメ食べ方とは? 納豆最強のトッピングはキムチとオリーブオイル

納豆とヨーグルトとは日本人に馴染みのある2大発酵食品。しかし、その食べ方を間違えてしまうと健康効果が失われてしまうという。納豆やヨーグルトのダメな食べ方と納豆最強のトッピングについて健康カプセルゲンキの時間では専門家を交えて詳しく紹介してい…

二の腕のダイエット・引き締めはどこの筋肉をどうやって鍛えるの?

二の腕はなかなか痩せにくいパーツの1つ。一度たるんでしまうとなかなか元にもどすことは難しいとされています。サタデープラスでは医師の中村格子先生が二の腕を引き締める簡単な体操を教えてくれました。二の腕をダイエットするコツは上腕三頭筋を鍛えると…

トマトを食べるなら朝が良い理由 痩せたければ朝に運動すると効果的

ホンマでっかtvでは物事のベストなタイミングを紹介。各専門家が詳しい理由を教えてくれました。注目すべきはトマトは朝に食べると良い理由やダイエットのために運動するなら朝が良い理由など気になるテーマ-を取り上げていました。

慢性炎症(CRP)を抑えるのは大豆やきのこ類(しめじ、エリンギ)などポリアミンが多い食材?

100歳まで健康でいられるかどうかは慢性炎症があるかないかにかかっているという。ガッテンではこの慢性炎症を抑える食材(ポリアミンを多く含む)についての研究や、慢性炎症を示す健康診断の検査項目、CRPについて取り上げていました。ちなみにCRPが増えて…

ダーツのゼロワンで認知症予防の脳育ができる理由は引き算にあり?

主治医が見つかる診療所では、すぐにできる脳を若返らせて、認知症の予防、改善を目的とした脳育法を紹介していました。なかでも、ゲームをしながら脳育を行うことで短期記憶能力の低下を予防して認知症予防に役立てているところもあるという。そのゲームと…

1週間で毛細血管を増やす方法 シナモンを食べる 入浴は40度で10分 耳を揉む?

今でしょ講座では毛細血管を増やす方法を紹介していました。入浴、食事、運動などの観点から毛細血管を増やす方法を取り上げていました。入浴編では40度のお湯に10分浸かること、食材編ではシナモンを摂取すること、運動編では体の末端(耳や指先など)を揉…

日本人にあった健康法とは? 骨粗しょう症予防には毎日の味噌汁 便秘解消に冷えたおにぎり 胃がん予防に緑茶が良い理由

世界一受けたい授業では欧米人とは違う日本人にならではの健康法を取り上げていました。教えてくれたのは、『日本人の「体質」』の著書で内科医の奥田昌子先生でした。先生は欧米人とは違う日本人の体質に注目している。日本人に一番あった便秘解消法は冷え…

うつ病の改善には起床時に自分をほめること ふくらはぎのマッサージが効果的ノンスタイルの石田さんがうつを克服した方法と症状

世界一受けたい授業では、東洋英和女学院大学の山田和夫先生がおすすめするうつ病の予防法と克服法とうつ病の知られざる症状としてふくらはぎの冷えがあるということを紹介していました。先生が教えてくれたうつ病改善、予防法は自分を褒めることとふくらは…

亜麻仁油やえごま油は運動4時間前に摂取すると効果的 油は朝に摂取する方が体に良い理由?

今でしょ講座では、油に関する疑問を紹介。そのなかで、亜麻仁油やえごま油など脂肪燃焼に効果的な油を摂取するタイミングや揚げ物や油は朝に摂取するとむしろ体に良いということを紹介していました。

うどんに温泉卵、牛丼など血糖値を上がりにくくする食べ方 糖化(糖とタンパク質の結合)を防ぐ食品 ヨーグルトの上澄みの液(乳清=ホエー)

主治医が見つかる診療所では老化を急激に進めてしまう糖化を防ぐ方法が紹介されていました。番組では、食後の血糖値を緩やかにする食べ方が取り上げられていました。その方法とは、炭水化物にタンパク質や脂質を加えるという方法でした。うどんなら温泉卵を…

いびき(睡眠時無呼吸症候群)が緑内症と関係している意外な理由とは

ガッテンでは緑内症の原因やいびきが緑内症と関係している理由について取り上げていました。緑内症というと眼圧が高いと言われていますが、番組で取り上げられた緑内症患者の4名は眼圧は正常でした。ちなみに、4人の緑内症患者の共通点としてはいびきがうる…

足の小指の爪で腰痛と尿漏れの危険性が分かる 足の小指の爪が小さくなりやすい人の特徴

サタデープラスでは、足から分かる病気のリスクの危険性と紹介していました。なんでも、足の小指の爪の大きさ腰痛と尿漏れの危険性がわかるとのこと。具体的には足の薬指の爪の半分の大きさよりも、足の小指の爪が小さいと将来、腰痛と尿漏れのリスクがアッ…

NASAも認めたスーパーフードキヌアの健康効果と栄養価と1日の摂取量 キヌアミルクの作り方

あさイチでは、NASAも認めたというスーパーフードのキヌアの健康効果や栄養価についてい紹介していました。詳しく教えてくれたのは、畿央大学教授の小西洋太郎先生でした。15年以上前からいち早く注目して研究しているとのこと。また、キヌアの1日の摂取量は…

物忘れを引き起こす意外な原因は脳過労 脳過労を防ぐにはぼんやりすること

ある物忘れ専門外来では認知症や脳腫瘍といった病とは全く別の原因で物忘れになってしまうという患者が増えてきているという。それは年齢に関係なく起こりうる意外な原因だという。その原因Xにありでは、この意外な原因で起きる物忘れのケースを取り上げてい…

トマトは骨の健康に役立つ理由 トマトは野菜室3日寝かせると甘くなる? 簡単サバ缶トマトレシピ

サタデープラスでは、トマトの最新の健康効果と美味しくする裏ワザを紹介していました。トマトを2万個以上食べてきたという専門家によるとトマトは野菜室で3日ほど寝かせたほうが美味しくなるとのこと。また、最近の研究でトマトには骨の健康を良くする働き…

心の老化の原因とは? 怒りっぽい 行動力がなくなったら注意

その原因Xにありでは、心の老化を取り上げていました。何事もめんどくさくなり、やる気がでない、さらに些細なことでイライラし感情が抑えきれずに怒る。行動力がなくなり、感情のコントロールができなくなったら心が老化し始めているとのこと。

ダイエットがきっかけで拒食症になってしまう小学生や中学生いる? 思春期やせ病の原因

ノンストップではダイエットがきっかけとなり拒食症になってしまったという小学生や中学生がいるということを取り上げていました。詳しく解説してくれたのは拒食症など摂食障害に詳しい肥満治療専門「北星クリニック」医師の島野雄実先生でした。そんな若者…

血管年齢が高くなるとシミの面積が大きくなる? シナモンが毛細血管の健康を保つ

化粧水や保湿クリームで毎日肌のお手入れをしていても効果が無い場合、肌の下の毛細血管が原因かもしれないという。毛細血管は全血管の99%を占めており酸素や栄養を届けています。この血管が衰えてしまうとゴースト血管になってしまい栄養や酸素を十分に届け…

背面握手とつま先立ちで筋肉の枯れをチェック 足の指の筋肉を鍛える方法

サタデープラスでは年齢とともに衰えてしまう筋力をテーマにそのチェック法と改善法を紹介していました。年齢とともに筋肉を衰えてしまうことを筋肉枯れ(が)というそうです。番組ではルルベ立ちと背面握手で簡単に筋肉枯れをチェックしていました。ルルベ…

盲腸の手術をすると大腸がんリスクがアップする理由 便(糞石)が盲腸の原因として多い?盲腸の痛みは移動する

盲腸の手術をしたことがある人は手術後一定期間は大腸がんのリスクがアップするという研究データがあるそうです。ガッテンでは、盲腸(虫垂)を取るとガンのリスクが上がる理由や、糞石という便の硬くなった塊が盲腸の原因になることや盲腸の痛みの特徴とし…

きな粉が体の塩分過剰摂取によるむくみを改善する? きな粉1日の摂取量は大さじ3杯

女性の体の悩みで多いのがむくみ。顔や足などのからだのむくみ。病気でもないのに朝起きたときに顔がむくんでいたり、夕方になると手足がむくんでしまうなど。このような体のむくみは血管がダメージを受けているサインだということでした。つまり、むくみが…

あっち向いてホイで脳が活性化する理由 強い人と弱い人の違い

所さんの目がテン!ではあっち向いてホイと脳の関係について取り上げていました。昔からよく知られている遊びのひとつ、あっち向いてホイ。実はこの時に脳の中で驚きの現象が起こっていて、数々の科学者もこのあっち向いてホイに注目しているという。このあ…

チーズの健康効果って結構ある? 血圧を下げる ダイエット 虫歯予防 認知症予防

世界一受けたい授業では、多くの健康効果の可能性を秘めたチーズについて取り上げていました。詳しく教えてくれたのはチーズ研究の第一人者でチーズ博士こと東北大学大学院農学研究科教授の齋藤忠夫先生でした。チーズの3つの健康効果、血圧を下げる、骨粗し…

睡眠中の血糖値の急激な変動はリンゴ酢で予防できる? いつどのくらいリンゴ酢を摂取すると良いの?

その原因Xにありでは睡眠障害の原因の一つとされる、睡眠中の血糖値の乱高下を抑える方法を紹介していました。それはある調味料を夕食前に飲むだけだという。それはリンゴ酢でした。このリンゴ酢を薄めたリンゴ酢ドリンクを飲むことで睡眠中の血糖値の乱高下…

口からコラーゲンを摂取して効果がある人の条件とは? コラーゲンの1日の摂取量 コラーゲンはゼラチンでも代用可能!

ガッテンではコラーゲンの効果について実験を踏まえて検証していました。結果としては口からコラーゲンを摂取しても効果がある人がいるということがわかりました。ただし、コラーゲンの効果が出る人には条件があるとのこと。またコラーゲンと似た成分をもっ…

おやつで脳卒中予防 高カカオチョコレートが脳卒中予防になる理由と1日の摂取量の目安とは?

主治医が見つかる診療所では脳卒中予防するおやつが紹介されていました。そのおやつとは高カカオチョコレート。カカオ成分が70%以上含まれているチョコレートで、1日の目安の摂取量は25gだということでした。詳しくは戸田中央総合病院・嗜好品外来の椎名先生…

花粉症になりやすいのは長男と長女の理由と衛生仮説 太りやすいのは次女よりも長女

日本人の4人に1人は花粉症にかかっていると言われている花粉症。同じような環境で育った兄弟でも大きな違いが出るという。林先生が驚く初耳学では,花粉症になりやすいのは兄弟の中で長男と長女である理由を紹介していました。これには衛生仮説という考えがあ…

女性更年期障害を解消するエクオールを増やすにはアボカド納豆がおすすめ? 納豆は1日どれくらい食べるとエクオールが増えるのか?

更年期障害、特に女性の場合は女性ホルモンの低下が原因と考えられています。この女性ホルモンの代わりの働きをするのがエクオールという物質。このエクオールは体内で作ることができるとのこと。ただしエクオールを体内で作ることができない人もいるとのこ…

突然発症 寒冷アレルギーと寒冷蕁麻疹の症状 身体を温めることで症状を抑える?

仰天ニュースでは、寒冷アレルギーと闘う北海道に住む女性について取り上げていました。北海道の冬はとても寒いので寒冷アレルギーをもっていると色々と生活が大変だという。そんな寒冷アレルギーの症状や治療法とは。

デルタパワー(デルター波)を増やして血糖値を下げる治療は睡眠薬だった! インスリンの分泌能がアップする睡眠時間とは?

ガッテンではデルタパワーを増やすことで血糖値を下げる治療法を紹介。デルタパワーとは脳波のデルター波のことで、この脳波が血糖値を下げることと関係しているという。ポイントは熟睡をすること。そして1日の睡眠時間は8時間半にするとインスリンの分泌量…

ストレスに強い人と弱い人の差とは? 上手なストレスの受け流し方

ストレスに強い人とそうでない人との差はストレスの受け流し方にあるという。その差ってなんですか?ではストレスに関する研究のスペシャリストで東邦大学名誉教授の有田秀穂先生がストレスの上手な受け流し方について詳しく教えてくれました。