気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

1週間で毛細血管を増やす方法 シナモンを食べる 入浴は40度で10分 耳を揉む?

今でしょ講座では毛細血管を増やす方法を紹介していました。入浴、食事、運動などの観点から毛細血管を増やす方法を取り上げていました。入浴編では40度のお湯に10分浸かること、食材編ではシナモンを摂取すること、運動編では体の末端(耳や指先など)を揉…

日本人にあった健康法とは? 骨粗しょう症予防には毎日の味噌汁 便秘解消に冷えたおにぎり 胃がん予防に緑茶が良い理由

世界一受けたい授業では欧米人とは違う日本人にならではの健康法を取り上げていました。教えてくれたのは、『日本人の「体質」』の著書で内科医の奥田昌子先生でした。先生は欧米人とは違う日本人の体質に注目している。日本人に一番あった便秘解消法は冷え…

うつ病の改善には起床時に自分をほめること ふくらはぎのマッサージが効果的ノンスタイルの石田さんがうつを克服した方法と症状

世界一受けたい授業では、東洋英和女学院大学の山田和夫先生がおすすめするうつ病の予防法と克服法とうつ病の知られざる症状としてふくらはぎの冷えがあるということを紹介していました。先生が教えてくれたうつ病改善、予防法は自分を褒めることとふくらは…

亜麻仁油やえごま油は運動4時間前に摂取すると効果的 油は朝に摂取する方が体に良い理由?

今でしょ講座では、油に関する疑問を紹介。そのなかで、亜麻仁油やえごま油など脂肪燃焼に効果的な油を摂取するタイミングや揚げ物や油は朝に摂取するとむしろ体に良いということを紹介していました。

うどんに温泉卵、牛丼など血糖値を上がりにくくする食べ方 糖化(糖とタンパク質の結合)を防ぐ食品 ヨーグルトの上澄みの液(乳清=ホエー)

主治医が見つかる診療所では老化を急激に進めてしまう糖化を防ぐ方法が紹介されていました。番組では、食後の血糖値を緩やかにする食べ方が取り上げられていました。その方法とは、炭水化物にタンパク質や脂質を加えるという方法でした。うどんなら温泉卵を…

いびき(睡眠時無呼吸症候群)が緑内症と関係している意外な理由とは

ガッテンでは緑内症の原因やいびきが緑内症と関係している理由について取り上げていました。緑内症というと眼圧が高いと言われていますが、番組で取り上げられた緑内症患者の4名は眼圧は正常でした。ちなみに、4人の緑内症患者の共通点としてはいびきがうる…

ポテトチップスの残りカスは食べるのが得か損か?

ホンマでっかtvでは科学的に得なのはどっちなのかということを取り上げて、ポテトチップスの残りカスを最後まで食べる方が得なのか、それとも損なのか各分野の専門家の意見を参考に検証していました。

足の小指の爪で腰痛と尿漏れの危険性が分かる 足の小指の爪が小さくなりやすい人の特徴

サタデープラスでは、足から分かる病気のリスクの危険性と紹介していました。なんでも、足の小指の爪の大きさ腰痛と尿漏れの危険性がわかるとのこと。具体的には足の薬指の爪の半分の大きさよりも、足の小指の爪が小さいと将来、腰痛と尿漏れのリスクがアッ…

NASAも認めたスーパーフードキヌアの健康効果と栄養価と1日の摂取量 キヌアミルクの作り方

あさイチでは、NASAも認めたというスーパーフードのキヌアの健康効果や栄養価についてい紹介していました。詳しく教えてくれたのは、畿央大学教授の小西洋太郎先生でした。15年以上前からいち早く注目して研究しているとのこと。また、キヌアの1日の摂取量は…

元外科医の快眠テクニック 一流の睡眠とは? 最高のパフォーマンスを発揮する睡眠の秘訣

しっかり眠ったのに疲れが取れない、最近太ってきた、仕事でミスをしがちになったなど、それはしっかりとした睡眠がとれていないことが原因になっている可能性があるという。ゲンキの時間では元外科医の裵英洙(はい えいしゅ)先生が快眠するためのテクニッ…

物忘れを引き起こす意外な原因は脳過労 脳過労を防ぐにはぼんやりすること

ある物忘れ専門外来では認知症や脳腫瘍といった病とは全く別の原因で物忘れになってしまうという患者が増えてきているという。それは年齢に関係なく起こりうる意外な原因だという。その原因Xにありでは、この意外な原因で起きる物忘れのケースを取り上げてい…

34歳で結婚すると幸せになる? 24歳は一番危ない結婚年齢の理由

新婚くりぃむ有田vs独身女では、34歳で結婚した女性は幸せになる人が多いく、また、24歳は結婚にとって一番危ない年齢と紹介していました。有名人459人の結婚のデータをもとにそのような結果になる理由を取り上げていました。

トマトは骨の健康に役立つ理由 トマトは野菜室3日寝かせると甘くなる? 簡単サバ缶トマトレシピ

サタデープラスでは、トマトの最新の健康効果と美味しくする裏ワザを紹介していました。トマトを2万個以上食べてきたという専門家によるとトマトは野菜室で3日ほど寝かせたほうが美味しくなるとのこと。また、最近の研究でトマトには骨の健康を良くする働き…

心の老化の原因とは? 怒りっぽい 行動力がなくなったら注意

その原因Xにありでは、心の老化を取り上げていました。何事もめんどくさくなり、やる気がでない、さらに些細なことでイライラし感情が抑えきれずに怒る。行動力がなくなり、感情のコントロールができなくなったら心が老化し始めているとのこと。

ダイエットがきっかけで拒食症になってしまう小学生や中学生いる? 思春期やせ病の原因

ノンストップではダイエットがきっかけとなり拒食症になってしまったという小学生や中学生がいるということを取り上げていました。詳しく解説してくれたのは拒食症など摂食障害に詳しい肥満治療専門「北星クリニック」医師の島野雄実先生でした。そんな若者…

聞き耳で話を聞く人が嫌われやすい理由とは?

ホンマでっかtvでは、嫌われやすい人とそうじゃない人の差はどこにあるのかについてがテーマでした。電話がかかってきて電話に出るときに、どちらの耳で出るのか。電話に出るとき、特にメモなどをとらない時などに無意識に電話を取った方の耳が聞き耳だとい…

血管年齢が高くなるとシミの面積が大きくなる? シナモンが毛細血管の健康を保つ

化粧水や保湿クリームで毎日肌のお手入れをしていても効果が無い場合、肌の下の毛細血管が原因かもしれないという。毛細血管は全血管の99%を占めており酸素や栄養を届けています。この血管が衰えてしまうとゴースト血管になってしまい栄養や酸素を十分に届け…

背面握手とつま先立ちで筋肉の枯れをチェック 足の指の筋肉を鍛える方法

サタデープラスでは年齢とともに衰えてしまう筋力をテーマにそのチェック法と改善法を紹介していました。年齢とともに筋肉を衰えてしまうことを筋肉枯れ(が)というそうです。番組ではルルベ立ちと背面握手で簡単に筋肉枯れをチェックしていました。ルルベ…

妻やママが孤独を感じる時 外出することも人と話すこともないので孤独?

ノンストップでは『VERY』3月号で多くの母親の共感を呼んだ記事「子供がいるのになぜ?母親が孤独を感じる瞬間」をテーマに議論をしていました。引っ越しや転勤など生活環境が変わりやすい時期。夫が忙しくていつも子どもとふたりきり。ママ友もなかなかでき…

盲腸の手術をすると大腸がんリスクがアップする理由 便(糞石)が盲腸の原因として多い?盲腸の痛みは移動する

盲腸の手術をしたことがある人は手術後一定期間は大腸がんのリスクがアップするという研究データがあるそうです。ガッテンでは、盲腸(虫垂)を取るとガンのリスクが上がる理由や、糞石という便の硬くなった塊が盲腸の原因になることや盲腸の痛みの特徴とし…

生産者が作るニラの万能調味料とシャキシャキのニラ玉の作り方

あさイチではニラの使いこなし術を取り上げていました。中国料理店が作るシャキシャキのニラたまの作り方やニラの栽培農家さんが作っているというニラの万能調味料の作り方も紹介していました。

きな粉が体の塩分過剰摂取によるむくみを改善する? きな粉1日の摂取量は大さじ3杯

女性の体の悩みで多いのがむくみ。顔や足などのからだのむくみ。病気でもないのに朝起きたときに顔がむくんでいたり、夕方になると手足がむくんでしまうなど。このような体のむくみは血管がダメージを受けているサインだということでした。つまり、むくみが…

あっち向いてホイで脳が活性化する理由 強い人と弱い人の違い

所さんの目がテン!ではあっち向いてホイと脳の関係について取り上げていました。昔からよく知られている遊びのひとつ、あっち向いてホイ。実はこの時に脳の中で驚きの現象が起こっていて、数々の科学者もこのあっち向いてホイに注目しているという。このあ…

チーズの健康効果って結構ある? 血圧を下げる ダイエット 虫歯予防 認知症予防

世界一受けたい授業では、多くの健康効果の可能性を秘めたチーズについて取り上げていました。詳しく教えてくれたのはチーズ研究の第一人者でチーズ博士こと東北大学大学院農学研究科教授の齋藤忠夫先生でした。チーズの3つの健康効果、血圧を下げる、骨粗し…

睡眠中の血糖値の急激な変動はリンゴ酢で予防できる? いつどのくらいリンゴ酢を摂取すると良いの?

その原因Xにありでは睡眠障害の原因の一つとされる、睡眠中の血糖値の乱高下を抑える方法を紹介していました。それはある調味料を夕食前に飲むだけだという。それはリンゴ酢でした。このリンゴ酢を薄めたリンゴ酢ドリンクを飲むことで睡眠中の血糖値の乱高下…

口からコラーゲンを摂取して効果がある人の条件とは? コラーゲンの1日の摂取量 コラーゲンはゼラチンでも代用可能!

ガッテンではコラーゲンの効果について実験を踏まえて検証していました。結果としては口からコラーゲンを摂取しても効果がある人がいるということがわかりました。ただし、コラーゲンの効果が出る人には条件があるとのこと。またコラーゲンと似た成分をもっ…

すごい臭い 臭気強度が高いタオルのニオイを取る方法 洗剤と酸素系漂白剤と40度のお湯がポイント

タオルのニオイに関する悩みは多いようです。あさイチでもこのタオルのニオイの悩みを解消する方法を取り上げていました。タオルについた加齢臭や生乾きのニオイ、カビ臭いなどなど様々。臭気強度が3.5を超えると生ごみに近いレベルのニオイだという。これを…

おやつで脳卒中予防 高カカオチョコレートが脳卒中予防になる理由と1日の摂取量の目安とは?

主治医が見つかる診療所では脳卒中予防するおやつが紹介されていました。そのおやつとは高カカオチョコレート。カカオ成分が70%以上含まれているチョコレートで、1日の目安の摂取量は25gだということでした。詳しくは戸田中央総合病院・嗜好品外来の椎名先生…

花粉症になりやすいのは長男と長女の理由と衛生仮説 太りやすいのは次女よりも長女

日本人の4人に1人は花粉症にかかっていると言われている花粉症。同じような環境で育った兄弟でも大きな違いが出るという。林先生が驚く初耳学では,花粉症になりやすいのは兄弟の中で長男と長女である理由を紹介していました。これには衛生仮説という考えがあ…

女性更年期障害を解消するエクオールを増やすにはアボカド納豆がおすすめ? 納豆は1日どれくらい食べるとエクオールが増えるのか?

更年期障害、特に女性の場合は女性ホルモンの低下が原因と考えられています。この女性ホルモンの代わりの働きをするのがエクオールという物質。このエクオールは体内で作ることができるとのこと。ただしエクオールを体内で作ることができない人もいるとのこ…

突然発症 寒冷アレルギーと寒冷蕁麻疹の症状 身体を温めることで症状を抑える?

仰天ニュースでは、寒冷アレルギーと闘う北海道に住む女性について取り上げていました。北海道の冬はとても寒いので寒冷アレルギーをもっていると色々と生活が大変だという。そんな寒冷アレルギーの症状や治療法とは。

デルタパワー(デルター波)を増やして血糖値を下げる治療は睡眠薬だった! インスリンの分泌能がアップする睡眠時間とは?

ガッテンではデルタパワーを増やすことで血糖値を下げる治療法を紹介。デルタパワーとは脳波のデルター波のことで、この脳波が血糖値を下げることと関係しているという。ポイントは熟睡をすること。そして1日の睡眠時間は8時間半にするとインスリンの分泌量…

ストレスに強い人と弱い人の差とは? 上手なストレスの受け流し方

ストレスに強い人とそうでない人との差はストレスの受け流し方にあるという。その差ってなんですか?ではストレスに関する研究のスペシャリストで東邦大学名誉教授の有田秀穂先生がストレスの上手な受け流し方について詳しく教えてくれました。

間食がやめられない人のダイエットは白湯を飲むと良い?

名医のTHE太鼓判では、間食がやめられないという人のためのダイエット法を紹介していました。その方法教えてくれたのは形成外科医の髙田女里先生。間食の代わりに先生が摂るように進めていたのは白湯でした。この白湯ダイエットに挑戦したのは、お笑い芸人の…

入浴30分前の茶菓子は低血糖を防ぎ湯あたり防止になる? 入浴前の緑茶で美肌効果アップ

林先生が驚く初耳学によると、旅館に置いてある茶菓子にはちゃんとした理由があるという。これには低血糖が関係していて、入浴30分前に茶菓子をたべることで低血糖を予防し湯あたりを防止することができるとのこと。また、入浴前の緑茶は美肌効果を高めてく…

利(き)き尻を防ぎぎっくり腰を予防 新たなぎっくり腰の原因 スタックシッティングで予防

利き手、利き足があるようにお尻にも利き尻というものがあるという。そう仰るのメディカルトレーナーの伊藤和磨先生。その原因Xにありでは、先生が利き尻がぎっくり腰になる原因と利き尻になってしまう姿勢、そしてぎっくり腰を防ぐスタックシッティングとい…

仙腸関節が原因の腰痛の症状と治療法 四股のポーズで予防する方法

その原因Xにありでは30代男性が長年悩まされてきた原因不明の腰痛の原因と治療法を紹介していました。その男性の腰痛は仙腸関節が原因で、ブロック注射による治療法を行うことで改善したとのこと。この仙腸関節が原因の腰痛の症状には特徴があるとのこと。ま…

ガンにならないラロン型低身長症とは? 新たな遺伝子でがん治療の可能性

南米エクアドルの山間にある小さな町ピーニャス市。そこに暮らすルイス・サンチェスさん36歳。身長はとても小さくて115cm。ルイスさんによると、この街には自分のような人は珍しくないとのこと。世界仰天ニュースではこのラロン型低身長症の人たちがガンにか…

骨ホルモン オステオカルシンを増やす方法はかかと落とし? 血糖値も下がり骨密度もアップ

ガッテンでは骨ホルモンというオステオカルシンの効果や骨ホルモンを増やす簡単な方法を紹介していました。たった1日30回程度を1週間行うだけでその効果が期待できるとのこと。オステオカルシンの効果には血糖値を下げたり、腎臓の機能をアップさせたり、す…

老化ストップホルモン グレリンの効果 体内でグレリンを簡単に作る方法は空腹状態

みんなの家庭の医学では老化ストップさせるというホルモンを取り上げていました。老化ストップホルモンを分泌させることで見た目の若さと身体の中の若さを保つことが可能になるという。老化ストップホルモンの正体はグレリン。詳しく教えてくれたのは慶應義…

鎖骨下動脈狭窄症の原因と症状 治療法 手のしびれのサインの特徴

主治医が見つかる診療所で危険なしびれを紹介していました。66歳男性は些細なしびれの原因がわからずに深刻な危機に直面した方のひとり。しびれの発症年齢は59歳。しびれの原因がわからなかった期間は半年。もしこのしびれを放置していたら腕の切断しなけれ…

りんごを焼くとダイエット効果が9倍になる理由と調理法とは? バナナも焼くと効果アップ!

1980年代に大流行したりんごダイエット。りんごダイエットは1日に2回の食事とりんごを置き換えるという手軽さから大ブームになったダイエット法。近年このりんごダイエットが進化してさらに効果的な方法が見つかったという。それはりんごを焼くという方法。…

100歳以上の人は慢性炎症が少ない 長寿の秘訣は老年的超越?

センテナリアンとは100歳以上の人のこと。このセンテナリアンには共通点があるとのこと。健康カプセルゲンキの時間ではこの共通点が紹介されていました。それは、慢性炎症が無いことと老年的超越でした。また、慢性炎症を防ぐ方法のポイントとしては定期的な…

ミカンのヘスペリジンが血流アップさせて毛細血管を強くする? 皮ごと食べる焼きみかんのススメ

毛細血管を強化し血流アップさせるためにミカンを食べると良いということでした。ただ、普通にミカンを食べていても血流アップの効果はあまり期待できないという。そこでサタデープラスでは焼きみかんを紹介していました。ミカンの皮と筋にこそ血流アップさ…

1日10秒でできる血流をアップさせる方法 足指ダッシュ体操 血流が悪いと毛細血管が消滅?

サタデープラスでは、たった10秒でできる血流アップ体操として足指ダッシュ体操を紹介していました。この体操は自宅で簡単に血流を改善させるための体操。血流が悪くなってしまうと酸素や栄養素を運んでいる末端の毛細血管にも影響がでてしまい、毛細血管が…

かかとがカサカサ、ひび割れになる理由と改善させる保湿クリームの塗り方(溝塗り)とは

その原因Xにありでは、ガサガサかかとになる理由とその改善法として保湿クリームの塗り方を紹介していました。その保湿クリームの塗り方は溝塗りというそうです。詳しくは溝塗りを教えてくれたのは皮膚科医の高山かおる先生でした。

B型の人は浮気症で後悔もしない? O型は脳が大きく頭が良くて合コンで圧倒的にモテる AB型の女性はAB型の男性にモテる?

ホンマでっかでは血液型が人生にどう影響するのかに関することを取り上げていました。B型の人は浮気をしやすく、後悔もしない傾向にある、また100歳以上長生きする可能性も高い、O型は脳が大きく認知症になりにくいなど血液型に関して紹介していました。他に…

昆布に食物アレルギー反応を抑える働きがある? 食べるより触れるほうが食物アレルギー症状がでる理由

今でしょ講座では、昆布がアレルギー反応を抑える理由や食べなくても食物アレルギーになってしまう理由などアレルギーに関することを取り上げていました。ポイントはTレグ細胞がアレルギーの原因物質を過剰に攻撃するのを止めるように働きかけることにあると…

カロリーオフの商品を食べ続けると逆に太る理由とは?

スイーツが好きというかたは特にカロリーが気になります。コンビニやスーパーなどではカロリーゼロや糖類ゼロなどと表記されたいわゆるカロリーオフのスイーツが並んでいます。そんなカロリーオフに関する問題が初耳学で出題されていました。その問題とはカ…

病院でもらう薬の袋に食後と書いてある本当の意味? 胃腸薬はオレンジジュースと飲むと全く効果がない 大人と同じ体格の子供は大人の薬の分量でも大丈夫?

今でしょ講座では、薬についての新常識について紹介していました。詳しく説明してくれたのは東京理科大学薬学部教授でした。病院でもらう薬の袋に書いてある食後の意味は実は、食後という意味ではないとか。また胃腸薬をオレンジジュースと飲むと全く効果が…