気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ひざ痛解消法!1日6分座るだけのひざ痛解消法と痛み解消スイッチ?ためしてガッテン!

スポンサードリンク

歩くだけでもひざが痛い、病院でシップをもらっても全然よくならないといった症状に苦しんでいる方も多いようです。特に高齢になってくるとその症状が顕著になる。そこで、朗報!ためしてガッテン!は3つのひざ痛解消法、ひざ痛解消スイッチと魔法のブロック、そして座るだけ改善法に迫った。

f:id:luana3:20140625153955j:plain

1日6分座るだけ改善法?

かなり強い痛みでも簡単にとれていくと自負しているのはひざ痛の名医。 ひざ痛のに悩む3人の人達に木綿の靴下を履いてもらう。これは木綿の素材が滑りやすいため。 そして、3人の方にあることをしてもらった。3週間後、みなさんのひざ痛が驚くほど改善した。

ひざ痛の改善法

1日6分座るだけとはいえ、このひざの改善法は足を少し動かす

・リビングの椅子などに座る(浅く腰掛ける)

・靴下を履きながらゆっくりと片方の足を滑らせる(前でも後ろでいいのでゆっくりとスライドさせる)5秒かけて1回

・これを10往復を1セットとして3セットを1日、朝夕の2回行う。

穏やかな運動は、関節症の炎症の痛みをとるのに非常に有力な方法

まとめゆっくりとひざを動かすだけでカッパを沈めて炎症を抑える

カッパ(NF-kappaB)という物質がひざ痛の原因だった

ところでひざの痛みは何だったのか

ひざの痛み原因は実は変形性ひざ関節症によるものだった。つまりひざに炎症が起こって痛みが起こる。

太ももの骨とすねの骨が合わさっているところに関節がある。このひざの軟骨がすり減り、それが膜に付いてしまう。その時に炎症が起きるという。

今までは、ひざが痛い時でも、軽いひざを動かす運動をせよと言われてきたのは、この膜に付いたカスを血流にそって外に出すためだった。

しかし、最近の研究でわかったのは炎症を起こしているのは、ひざの軟骨のカスではなく、カッパ(NF-kappaB)という物質。軟骨のカスがひざの膜にくっつくとカッパが膜にささったカスを敵と判断してすぐに攻撃をする。その余波が他のカッパにも影響して攻撃を始める。そうして炎症が広がる。

ひざ痛解消スイッチ

ひざの痛み解消スイッチを押すことでなんと正座すらできなかった女性がなんと、何お痛み感じずにすんなりと正座をしていた。こんなことが起こる事もあるという。

66歳の女性のひざ痛の場合

長年に渡ってひざ痛に悩まされてきた。自転車すらこげない状態だった。病院でいわれた通りに筋トレなどを行ったが効果がなかった。

他の病院で調べたら、変形性ひざ関節症が原因ではなかった。

さらに、この方はひざ痛の解消のスイッチを押すことでひざ痛が改善した。

この方はひざのコリが原因でひざ痛を発症していた。

ひざ痛解消のスイッチ

ひざのお皿にはたくさんの筋肉やじん帯がある。周りの骨とは筋肉でくっついているだけ。なのでものすごくコリやすい。動作によって体重の7倍もの力がかかっている。

具体的なひざ痛解消のスイッチ(お皿ストレッチ)の押し方

・床に足を伸ばして座る。

・太ももの力を抜くとお皿が動きやすくなる

・上下左右斜めに5秒ずつお皿を押して、周りの筋肉やじん帯をストレッチする

魔法のブロックでひざが蘇る

運動やストレッチでは改善しないという場合は人工関節を入れることになる。これを入れると、正座や激しい運動が制限されてしまう。

しかし、激痛で歩くことすらできなかった人が、ひざにある骨に小さなブロックを埋め込むことでいとも簡単になんとひざ痛が解消した。今では、ジョギングもできるようになったという。

このブロックこそが魔法のブロック

この小さなブロックを入れることでO脚を若干X脚に変える手術を行う。O脚の方は内側に体重が集中しやすいので体重を外側に移すという技術。

ちなみに、変形性ひざ関節症になりやすいのはO脚の人が多いとのこと。

この手術は高位脛骨骨切り術と呼ばれている。