気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

AUのスマホ料金!KDDIの現行プランと新プランはどっちが得なの?ワールドビジネスサテライト

スポンサードリンク

ワールドビジネスサテライトで、AUの新料金プランが紹介されていました。これでAUのスマホも定額で話し放題になるということで、通話を頻繁にするユーザーにとってはメリットが高いかもしれません。他のドコモ、ソフトバンクを含め三社が横並びでスマホ音声通話定額になる。AUの新スマホ料金のメリットとデメリットは何なのか気になるところ。

f:id:luana3:20140627142336j:plain

AUの新スマホ料金はデータ通信料で差別化

AUのKDDIは国内痛はの「定額」プランを8月13日から開始を発表。月額通話料金は2,700円(スマートフォン)となる。NTTドコモとソフトバンクと横並びになった。

通話を利用しない人には高いと知りつつライバルに合わせたKDDI。

どこで、他社と差別化をはかるのかというとそれはデータ通信料

データ通信の利用量に応じて料金が上がる。NTTドコモとソフトバンクはその上がり方はほぼ同じ

そこで、KDDIは他社より安く、さらに使用量が多いほど割安になるような料金設定を実現し差別化をはかる。

通話料の定額の理由

大手3社が通話料を定額にする理由は、音声通話の増収は見込めないということ、データ通信は年々増えていることなどである。そのため利用する量に応じて通信料を課していくプランに切り替えることで利益を上げていこうと考えている。

音声通話の利用は無料通話アプリに押され減少傾向にある。さらに携帯各社は高速データ通信「LTE」の音声通話版のVoLTE(ヴォルテ)を導入予定なんだとか。

音声通話自体がデータ通信の一部になることを見越して競争の場がシフトしている。今後は各電話会社はユーザーの動向を見てデータ通信の料金の見直しをしていくようです。

スマホの新料金比較

これで、データ通信を一番安い2GBのプランにすると3社ともスマホの料金が同じになる。

・KDDI:2,700円(音声定額)+300円ネット接続料+3,500円データ通信(データ通信2GB)

・ドコモ:2,700円(音声定額)+300円ネット接続料+3,500円データ通信(データ通信2GB)

・ソフトバンク:2,700円(音声定額)+300円ネット接続料+3,500円データ通信(データ通信2GB)

KDDIの現行プランと新プランどちらが得か?

ただし、KDDIの現行のスマホ料金と比べるとちょっと違いが出てくる。

KDDIの現行プラン

934円(基本料金)+20円/30秒(通話料)+5700円(データ通信7GB)

KDDIの新プラン

2700円(基本料金)+定額(通話料)+データ通信量に応じて決まる

データ通信量に応じた料金は次のようになっている。2GBだと3500円、3GBだと4200円、5GBだと5000円、8GBだと6800円、10GBだと8000円、13GBだと9800円となっている。

データ通信量は契約の時に個人が選ぶかたちになっているという。

新プランで得をする方

通話は頻繁に使うが、データ通信はあまりしないという方は新プランがお得になる。具体的には通話料金が2000円以上でデータ通信量が3GB以下の方