気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

見えない腰痛の改善法とチェック法!ニュートラルゾーンを保つ方法とは?所さんの目がテン!

スポンサードリンク

日本人の4人に1人は腰痛に苦しんでいる。推定約2800万人。しかし、ほとんどの腰痛の原因がわかっていない85%は原因不明だという。その腰痛原因の科学に迫る。見えない腰痛の改善法とチェック法から姿勢を正しく保つニュートラルゾーンの作り方とは?

f:id:luana3:20140701115014j:plain

見える腰痛と見えない腰痛

腰痛には2種類存在している。それが見える腰痛と見えない腰痛。

見える腰痛

椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、変形性脊椎症などのようなケースはレントゲンなどで異常が見られる特異的腰痛でいわゆる見える腰痛

見ない腰痛

レントゲンなどでは異常が見られないけれど腰痛がある場合は非特異的腰痛という見えない腰痛という。

この見えない腰痛こそが腰痛の原因の85%を占めているという。

見えない腰痛を改善する方法

見えない腰痛を改善するには腰の痛む場所を明らかにすることが大切になってくる。まず、腰のどの辺から痛くなっているのかをチェックする。

非特異的腰痛のチェック方法

見えない腰痛でもチェックする方法があるという。見えない腰痛の発生源は全部で4つある。以下の4箇所が炎症など何らかの見えない異常があることで原因不明の腰痛が引き起こされる。

椎間板:背骨と背骨の間にある軟骨

椎間関節:背骨同士を後ろでつないでいる

仙腸関節:骨盤と腰椎をつないでいる

筋肉:腰回りの筋肉

見えない腰痛のチェック法

家庭でも見えない腰痛をチェックする方法がある。

・腰の痛む部分を指さし確認

指で腰の痛い部分押して確認した時に、腰骨よりも上、背骨の真ん中当たりが痛む場合は椎間板か椎間関節が痛みの原因である可能性がある。

腰骨よりも下に痛みがある場合は仙腸関節に原因がある場合がある。腰骨から離れた斜め上あたりのところが痛む場合は筋肉が原因の可能性がある。

・前屈と後屈で痛む場所を確認

※このチェック法は、起き上がれない、足にしびれが出るなど症状が重い場合は医療機関で適切な診察を受けること。また、なるべく1人でやらずにペアを組んで行うと安全。

前屈をしてみる。もしこれで痛みがでるという場合は椎間板が痛みの原因の可能性があるという。

後屈で痛みが出る場合は椎間関節がの可能性があるという。

ストレス解消で腰痛解消

痛みの原因がどこからきているのかわからないとかなりのストレスになる。そういう精神的なストレスがあると痛みは強くなるし長引くという事がわかっている。

ストレス解消実験

腰痛で悩む4人のストレスを解消することで腰痛が改善するのか。寄せを見てもらって笑ってストレスを解消してもらう実験を番組で行った。

1時間笑いっぱなし、涙流して笑った人もいた。この状態で腰の痛みのレベルを自己評価してもらったら、寄せを見る前と比べるとかなり下がっていた。痛みの感じ方が大幅に下がっていた

痛みのレベルが下がった理由

痛みを感じる時は脳の中の側坐核というところがオピオイドを分泌して痛みを和らげる働きをしてくれる。しかし、慢性的なストレスが加わっていると、オピオイドの分泌が少なくなって痛みをより感じやすくなると言われている。

ストレスの解消は痛みを和らげるが、腰痛の根本的な原因が解消されたわけではないので一時的な効果しかないので注意が必要。

見えない腰痛の改善法

腰痛を改善・予防するには良い姿勢が必要です。良い姿勢の座り方3つのヒント

・脚の筋肉を使って骨盤を立てる

・肩甲骨を後ろに引き寄せる

・アゴを後ろに引く

ベットからの起き上がり方

・横向きになり脚をベッドからおろしてから起き上がる。

靴下の履き方

・足を体にくつけて靴下を履く。前屈になって前かがみにならないように注意する。

ちなみにこれら腰に負担のかからない姿勢のことをニュートラルゾーンと呼ばれている。このニュートラルゾーンをいかに保つかが腰痛予防、改善のポイントになるという。