気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

秋バテの原因と症状 食前にコップ1杯の水で秋バテ対策

スポンサードリンク

9月に入り過ごしやすい季節になった秋ですが、だるさ、疲れを感じている方も多いようです。暑さのピークを過ぎたこの時期は秋特有の症状として秋バテに注意ということでした。夏を過ぎても疲れが残っていたり、お腹を壊しやすいといった症状があるかたは秋バテかもしれません。L4YOUでは夏バテの原因と常温のコップ一杯の水を食前に飲むことで秋バテを解消する対策が紹介されていました。

秋バテの原因

統計によると6割以上が秋に体調不良を感じると言われているそうです。この秋バテの原因は胃のダメージから来ていると考えられているという。

この夏に暑さをしのぐためにかき氷や冷やし麺など冷たいものばかりを食べていたという人は要注意で秋バテの原因の一つと考えられているということでした。冷たいものを摂りすぎることで胃のぜん動運動が悪くなるということでした。

このように胃の働きが低下することが疲労や倦怠感につながるということでした。

冷たいものを摂取したからといってすぐに体の不調の症状が出るわけではなく、夏の間に繰り返し冷たいものばかりを摂る食生活で胃にダメージを与えてしまったがために、秋バテとして症状が現れるということでした。

秋バテの症状

秋バテの症状には基本的には2段階あるということでした。

第一段階:食欲不振、胸焼け、膨満感、早期飽満感

膨満感は、満腹感に近い症状でお腹が膨れている感じで、早期飽満感は食事を目の前にして、食べれそうな量だと思っていたけれど、結局食べられなかったというような症状ということでした。

第二段階:疲労、倦怠感、胃痛、腹痛、吐き気

実はさらに第三段階もあり、これにはめまい、動悸、肩こり、のどのつかえなどといった症状が出るということでした。これらの症状は胃が自律神経と関係が深いので全身に体調不良が出るのではないかということでした。

秋バテの解消法 食前にコップ一杯の水

ではどうやって秋バテを解消すればいいのでしょうか。答えは簡単で、たったコップ一杯の水で秋バテを解消することができるということでした。

美味しいものをしっかり食べて秋バテ解消といきたいところですが、食べ過ぎは逆に秋バテを引き起こすのでやめたほうがいいということでした。

食べ過ぎで胃酸が多く出ると余分な胃酸が腸へと溢れてしまうことがあるということでした。この状態になると、腸から胃の働きを抑える命令が出るとのことでした。

コップ一杯の常温の水を食事の前に飲むことで、胃の活動のスイッチが入り負担が軽減するということでした。食事前の準備運動ということです。ただし、お茶やコーヒーや冷たいものといったカフェインなどが入ったものはNGです。