気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

睡眠中の血糖値の急激な変動はリンゴ酢で予防できる? いつどのくらいリンゴ酢を摂取すると良いの?

スポンサードリンク

その原因Xにありでは睡眠障害の原因の一つとされる、睡眠中の血糖値の乱高下を抑える方法を紹介していました。それはある調味料を夕食前に飲むだけだという。それはリンゴ酢でした。このリンゴ酢を薄めたリンゴ酢ドリンクを飲むことで睡眠中の血糖値の乱高下を予防してくれるということでした。1日どのくらいのリンゴ酢を飲めば良いのか、リンゴ酢で血糖値の急上昇を抑える理由とは。

睡眠障害の原因は睡眠中の血糖値の乱高下にある?

およそ1500万人が熟睡できない、ちゃんと寝ているのに朝起きられないなどの睡眠障害になやまされているという。タレントの春香クリスティーンさんもその1人。

睡眠障害などの睡眠トラブルは一般的に低血圧、体内時計のみだれなどが原因と言われているが、他にも原因があるという。

新宿溝口クリニック院長の溝口徹先生によると熟睡できない原因は、ジェットコースターのように乱高下する血糖値にあるということでした。

この睡眠障害を引き起こす血糖値の乱高下は寝ている間に起きているということでした。

睡眠中に血糖値が乱高下する理由

通常なら睡眠中は血糖値の乱高下少ないはずなのに、このように血糖値が上がったり下がったりしてしまう理由は寝る前についつい食べ過ぎてしまう糖質のとりすぎにあるという。

寝る前に山盛りのご飯を食べたり、寝る前の甘いものやアルコールの摂取も睡眠中に血糖値が乱高下する原因になるとのこと。

睡眠中に血糖値が上がっても、寝ているので糖分はほとんど消費されません。

そのため、寝ている間にインスリンが分泌されます。すると今度は血糖が下がりすぎになるため、体内ではアドレナリンを分泌して血糖値をあげようとします。

そしてまたインスリンが分泌されて血糖値を下げます。このようにして寝ている間に血糖値が上がったり下がったりを繰り返してしまいます。

寝ている間に、血糖値の乱高下が繰り返されると2型糖尿病になったり、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高くなるということでした。

リンゴ酢で睡眠中の血糖値の乱高下を防ぐ方法

この睡眠障害の原因などを引き起こす睡眠中の血糖値の乱高下を予防する方法があるということでした。それは夕食前にリンゴ酢を飲むという方法でした。

リンゴ酢をそのまま飲むのではなく、リンゴ酢を薄めたドリンクを夕食前に飲みます。

リンゴ酢ドリンクの作り方は、大さじ1杯のリンゴ酢に水大さじ5杯(合計90ml)を加えて混ぜるだけ。

リンゴ酢が効果的な理由

酢の成分の酢酸は胃の動きを弱めて消化を遅らせ、糖の吸収を緩やかにし血糖値の上昇を抑える働きがあるとのこと。