気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

カロリーオフの商品を食べ続けると逆に太る理由とは?

スポンサードリンク

スイーツが好きというかたは特にカロリーが気になります。コンビニやスーパーなどではカロリーゼロや糖類ゼロなどと表記されたいわゆるカロリーオフのスイーツが並んでいます。そんなカロリーオフに関する問題が初耳学で出題されていました。その問題とはカロリーオフの商品ばかり食べ続けると逆に太ってしまうという内容でした。なぜカロリーオフの商品を食べ続けると太ってしまうのでしょうか。

カロリーオフの商品で逆に太ってしまう理由

これはカロリーオフに使われている調味料が原因と考えられているという。ちなみにこの問題は林先生は初耳でしたので番組では初耳学に認定されました。カロリーオフの商品で逆に太ってしまう理由は次の通り。

カロリーオフに含まれている調味料を脳が認識ないことが原因。管理栄養士の二宮真樹先生によると食品のカロリーを下げるために使われている人工甘味料が、実はダイエットの大敵だという。

天然の成分以外で作った人工甘味料は砂糖の代替甘味料として多くの加工食品に使用されています。甘いのにカロリーが少ないことでダイエットにはもってこいのものと考えられていました。

しかし、それは大きな間違いだという。

脳はブドウ糖をエネルギーとして機能しているが、人工甘味料は体に入ってきた時に、ブドウ糖としては認識されないという

つまり、脳は体に必要なブドウ糖が不足していると判断してしまうので結局、糖分を摂取するように指令を出してしまうとのこと。

ダイエットのためにという事でカロリーオフの食品ばかりを食べ続けてしまうと逆に甘い物や炭水化物をもっと食べたくなってしまうということでした。

この甘い物が食べたいという欲求に負けてしまい、いつもよりも多く炭水化物などを摂取してしまい太ってしまう可能性があるとのこと。甘味は代替できても脳認識の代替まではできないということでした。