気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

アミロイドβタンパクを溶かしてアルツハイマー病を改善!早期発見が大切

スポンサードリンク

認知症には様々なタイプがあります。全体の60%を占めているのがアルツハイマー病。多くの方は、アルツハイマー病は防ぎようのない病気というイメージを持っている。アルツハイマー病の原因は脳にアミロイドβと呼ばれるたんぱく質が蓄積することで発症すると言われています。9月1日の主治医が見つかる診療所では、このアルツハイマー病の予防、改善についてとりあげていました。

アルツハイマー病の原因のアミロイドβタンパクが溶ける

アミロイドβタンパクは溶けるということが近年わかってきているという。つまりアルツハイマー病予防・改善ができるということになります。

ただし、改善・予防のにはポイントがあります。それはアルツハイマー病予備群であることを早期発見することです。アルツハイマー病の一歩手前がアルツハイマー予備群の状態でこれを早期で発見して対策をするとアミロイドβタンパクを溶かしてアルツハイマー病の進行を止める事が可能になるということでした。

このアルツハイマー病予備群の状態なら、対策をうつことでなんとかアルツハイマーにならずに回復することができるということでした。

アルツハイマー病予備群から改善した男性のケース

80代の男性は4年前にアルツハイマー予備群と診断されたそうです。日常生活にその時は支障がなかったものの、記憶力の低下がみられたということでした。

しかし、今は適切な対処でアルツハイマー病予備群による物忘れは無いということでした。運命の分かれ目は早期発見でした。

男性がアルツハイマー病予備群を克服した方法

アルツハイマー予備群から正常な状態にまで回復した男性が行っていたアルツハイマー病対策は次のとおりでした。

  1. 運動をする:反復運動で左右認識する能力の低下を防ぐ
  2. 知的活動を行う:熟語づくりや漢字の書き取り、計算など
  3. 人とのコミュニケーションをする

これらの事を月に2回、4年間続けた結果、アルツハイマー病予備群から正常に回復することができたということでした。