気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

健康な血管を柔らかくする果物 3つの血管年齢を若くする生活習慣

スポンサードリンク

世界一受けたい授業では血管年齢を考案した高沢謙二先生、健康な血管を作るための方法を教えてくれました。夏は血管にとって過酷な季節。この季節から夏に向けて血管を健康にするための3つ習慣を教えてくれました。この中には血管を柔らかくする果物やウォーキングの頻度、はちみつとチョコレートを食べるならどちらが血管に良いかなど、血管を健康にするヒントが紹介されていました。

健康な血管作るための3つの習慣 果物

番組ではクイズ形式でより柔らかい血管を作る3つ生活習慣のコツをクイズ形式で紹介していました。

はちみつとチョコレートを食べるなら、チョコレートを食べたほうが血管には良い。理由はチョコレートには血圧を下げるポリフェノールが含まれているためです。

果物ならバナナを食べると柔らかい血管を作るのには良い。バナナにはカリウムというミネラルが豊富に含まれています。カリウムは高血圧の最大の敵である塩分を体外へ出す働きがあります。少し大きめのバナナ(150g)だとおよそ0.5gのカリウムが含まれているとのこと。

晴れた日だけウォーキングする。ウォーキングの頻度としては、雨の日や毎日行うという義務感を持ちながらウォーキングをすると逆にストレスになり血圧を上げてしまうのでやめたほうがいいとのこと。適度に晴れた日に気分よくウォーキングするほうが薄くて柔らかい血管作りには良いということでした。

雨の日は家の中で体操をするだけでも運動になるのでウォーキングの代わりになるということでした。

自分の血管の状態をチェックする方法

自分の血管が健康かどうかを自分でチェックする簡単な方法は血圧をはかることだということでした。しかし、ただ、多くの方は血圧の測り方のタイミングを間違っているということでした。

血圧のはかるタイミングは朝起きた時ではなく、トイレを済ませた後に測るのが正しいタイミングの測り方だということでした。理由は排尿していない時は血圧の数値が高くなってしまうからだということでした。

また、血圧を測る時は、特に半袖で測る時は皮膚がテーブルの冷たいところに直接触れないようにタオルを敷いて測ることが大切だということでした。

そもそも健康な血管とは

先生によると健康な血管とは血管が柔らかくて厚くないということでした。逆に不健康な血管は硬いということでした。血管が硬くなる事が動脈効果につながるリスクが高くなるということでした。

動脈硬化には2種類ある

動脈の硬化

動脈硬化一つ目は3層になっている血管の外膜と中膜が硬くなる動脈の硬化

粥状硬化(じゅくじょうこうか)

血管の内側の壁におかゆ状のプラークというゴミができる粥状硬化(じゅくじょうこうか)。見た目は柔らかいが、これも動脈硬化の一種とのこと。

たとえ、血管の外側が硬くても内側が柔らかければ脳梗塞や心筋梗塞のリスクは減らすことができるという。