気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

バーベキューで食中毒を予防する方法とは ゲンキの時間

スポンサードリンク

ゲンキの時間では、バーベキューの食材による食中毒の予防法を紹介していました。なぜ、バーベキューで食中毒が起こるのか。クーラーボックスに食中毒予防のために保冷剤や氷を入れる方法、肉を焼く時はトングや箸を分ける、タレで漬け込んだ肉の焼き加減などが紹介されていました。

食中毒を予防する方法 やってはいけない食材管理

消費者庁が2000人を対象にした意識調査によると、バーベキューで食べたものが原因で体調を悪くした事がある人と答えた人がが6.6%(132人)だという。

番組では埼玉県比企郡にある嵐山渓谷バーベキュー場へ突撃取材。助っ人に食中毒菌に詳しい獣医学博士の伊藤武先生が同行していました。

牛肉にはO157などの腸管出血性大腸菌が、鶏肉にはカンピロバクターやサルモネラ菌など、魚類には腸炎ビブリオ菌などが付着している可能性があるという。

潜伏期間は菌によって違い数時間から数日と幅があるという。

発症すると下痢や嘔吐、激しい腹痛が起こるという。食べた量や体調によって命の危険性もあるとのこと。

バーベキューでは気持ちが開放的になり気も緩みがちになるので食材管理には注意が必要だという。

やってはいけない食材管理

食材(肉)などを外で解凍する

あるバーベキューをしている方は、買い物カゴに2時間半もお肉を置きっぱなしにしていました。先生によると冷凍肉を外気温で解凍することは危険だという。

外気温で肉が解凍されると、同時に温度が上がるので菌が増殖してしまうという。

クーラーボックスで肉を解凍するなら安心なのか?

冷凍肉をクーラーボックスにいれ、夏場を想定した30度の保温室に3時間置く実験をおこなったところ、クーラーボックスの中の温度は25.7度になっていました。

マイナス2度の時と比べると肉に付着していた大腸菌は8倍に増殖していました。この程度の増殖でも高齢者やお子さんは食中毒になる可能性があるとのこと。

なのでクーラーボックスには必ず保冷剤か氷を一緒にクーラーボックスに入れる事が食中毒予防に必要だという。

クーラーボックス 保冷剤と氷の入れ方

クーラーボックスに保冷剤や氷をいれるとしても、入れ方があるという。

入れ方のポイント

  1. 冷気は上から下に下がるので保冷剤は一番上に置く。
  2. 冷気が回るようにクーラーに食材は入れすぎず、中に空間を作るようにする。また、どうしてもという場合は保冷剤を食材の隙間にいれるのも効果的とのこと。

肉を焼く時と取り出すときのトングを分ける

意外と盲点なのがトングの取り扱い。生肉を触ったトングで焼けた肉を皿にもるのは絶対にNGな行動だということでした。

というのも生肉に菌がいた場合、菌はトングに付着します。そして同じトングで取り分けるとその肉にも菌が付着するので、トングは分けて使う事が大切。

ちょっと面倒でも箸やトングは焼く用と取り分け用を使い分けましょう

特製タレで漬け込んだ肉の食中毒予防

タレに漬け込んだ肉の食中毒の危険性は、通常食中毒菌は肉の表面にしか付着しないところ、タレを肉に揉み込むことでスジに菌が内部に染みこんでしまう事があるとのこと。

なので、バーベキューでタレで漬け込んだ肉を焼くときは中心が褐色に近くなるまで十分に火を通します。

焼きそばセットの場合

野菜と肉は別々な容器・袋に入れて保管します。肉と野菜を混ぜてしまうと肉に付着している菌が野菜にもつくことがあるとのこと。