気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

卵とヨーグルトを食べてエクササイズで3週間 たれ尻がヒップアップした美尻に変身?

スポンサードリンク

その原因、Xにあり!では、たれ尻を解消する方法が紹介されていました。年とともにたれてしまうお尻。近年お尻への関心がたかまっていて、女性雑誌などでも取り上げられているという。特に30代以降はたれ尻の中でも、形がピーマンに似てくることからピーマン尻に悩んでいる人も少なくないということでした。番組では、卵とヨーグルトを1日食べて、運動をしてたれ尻を美尻に変身させる方法が紹介されていました。

タレ尻になってしまう理由

ワコールの広報・宣伝部の方によると、加齢によるお尻のタレはどんな人も同じ流れをたどるとのこと。

まず、お尻の張りが年齢とともになくなってくるという。最初の変化はおしりと足の付根の張りがなくなり、ヒップトップが下がり始めるという。

さらに、おしりの側面がそげながら垂れてくるということでした。

お尻の霜降り化が原因でたれ尻に

整形外科医でスポーツドクターの中村格子先生によると、お尻が霜降り肉と同じようになってしまうとたれ尻になるという。

ここで言う霜降り化とは、お尻の筋肉に脂が混じった状態のこと。筋肉に脂肪がまじると強度が落ちてしまいます。その結果、重力に耐え切れずたれ尻になってしまうということでした。

卵とヨーグルトを食べて美尻に!

筋肉もターンオーバーを繰り返していて、その際、筋サテライト細胞という筋肉のもとになる細胞が生まれます。この筋サテライト細胞の育て方を間違えてしまうと脂肪になってしまうとのこと。

ロイシンを摂取して筋サテライト細胞を育てる

筋肉を育てるエサと環境を整えると霜降り化を防ぐことができて、後ろ姿の印象も10歳若返るとのこと。

筋サテライト細胞を育てるのに必要な栄養素はロイシン。動物性たんぱく質に多く含まれているという。

1日ヨーグルト200gと卵1個を食べるだけで1日のロイシンを摂取することができるという。

ヨーグルトと卵は日々の食事に取り入れるだけで良いそうです。

筋サテライト細胞に刺激を与える運動

次に必要なのが筋肉を育てるための環境づくりになる運動。この運動は階段の昇り降りなどでも良いそうです。

美尻エクササイズ アップダウンポーズ

番組では、お家にいながらできる美尻アップダウンポーズというエクササイズが紹介されていました。やり方は次のとおりでした。

アップポーズ

  1. かかとを付けて足を開き、そのままかかとを上げます。
  2. そして、頭の上で両手を合わせ、体全体を真っ直ぐに伸ばします。
  3. 5秒キープしたら手とかかとを下ろします。
  4. これを5回繰り返します。

ダウンポーズ

  1. 足を肩幅より開いてつま先は外に向けます。
  2. 上体を真っ直ぐに立てたまま、腰をひざの高さまでゆっくりと落とします。
  3. 戻るときもゆっくりと行い、これを4回行います。
  4. 5回目は四股のポーズのまま腰を上下に5回動かします。

アップポーズ、ダウンポーズは朝晩1セットずつ行います。

美尻を作るためのエクササイズなどは書籍や動画サイトなどにあるので詳しく知りたい方は参考にしてみると良いかもしれません。