気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ブラック家庭の実態と原因 三遊亭窓里さんの妻のDV ノンストップ10月2日

スポンサードリンク

ブラック家庭が今急増しているという。ブラック家庭とは、理不尽な言動で周囲を追い込む家族がいる家庭ということでした。具体的には妻が夫に対してDVに近いようなことを振る舞うケースが多いそうです。このブラック家庭の実態と妻が夫にDVしてしまう原因とはどんなことなのか。番組では離婚カウンセラーの澁川良幸さんが解説してくれました。落語家の三遊亭窓里(そうり)さんもそのブラック家庭の体験者だということでした。

ブラック家庭の実態

ブラック家庭の問題で特に急増しているのが妻からの夫に対する言葉の攻撃だという。その実態が幾つかとりあげられてました。夫の何気ない行動で妻がイラつき、言葉の暴力で夫を責め立て、平和だった家庭が戦場のようになっているということでした。

離婚カウンセラーの澁川良幸さんが言うにはこのブラック家庭はここ2,3年で増えてきた問題だという。

落語家三遊亭窓里さんのケース

三遊亭窓里さんは、妻と顔をあわせるなり「オエー」っと嗚咽(おえつ)されたり、ののしられたという。また、腰が痛くて荷物を運ぶのがきつかったっと妻にいうと、妻は「クククざまぁみろ」と返してきたということでした。何のねぎらいの言葉すらなかったという。まるで、刑務所状態だったという。

しかも、27年間、奥さんは夕飯を作ったことは一度もなかったそうです。そして最終的には離婚したそうです。すぐい離婚しなかった理由は、子どもと別れて暮らすのは考えたくなかったからだという。また、奥さんが変わってくれるという期待もあったそうです。

妻にバイトをさせられたケース

どこにもよらずに真面目に定時に帰ると妻に責められになった男性。稼ぎが少ないということでバイトしなさいと責め立てられ、最終的に休日はバイトを掛け持ちで行っているということでした。

もちろんバイト代はすべて奥さんに渡し、事無きを得たというケース

妻にダメ出しされるケース

とにかく夫の行動にダメ出しする妻のケースでは、家事や買い物を手伝うも、コップの置き方、やることなす事全てにダメ出しされるということでした。

ブラック家庭の原因

妻のこのような言動は夫の些細な一言が原因になっている。例えば、奥さんが妊娠中に、夜10時に帰宅した夫に「お腹すいた、ご飯は?」と言われたことがきっかけとなったケースなどがあるという。また、妻の意見を右から左に受け流されたという事が原因でスイッチが入ったケースもあったとか。

一度ブラック家庭になってしまうと、5年ほど続くということでした。ただ、夫が離婚の相談にくるケースは少なく、どうしたら妻が元に戻るのかというような相談が多いということでした。

妻は離婚したいと思っているのかどうか

一方の奥さんはこのような行動をとっているからにはきっと離婚を望んでいると思いがちですが、実はそんなことは一切思っていないというケースが多いということでした。妻側としてはまったく悪気無く行っている行動だという。

ブラック家庭にならないために

澁川良幸さんが言うには、ブラック家庭にならないためには、結婚をゴールと思うなかれということでした。結婚がむしろスタートで常に努力することが大切だということでした。