気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

セロトニンの不足解消の食事!セロトニンを増やす方法 姫野流カツオの冷や汁

スポンサードリンク

8月11日主治医が見つかる診療所、ストレス解消法の特集ではセロトニン不足を解消して、セロトニンを増やす方法が紹介されていました。前回のストレス解消のヒントははオキシトシンでしたが今回はセロトニン。セロトニンは食事でその分泌アップさせる事もできるそうです。

セロトニンにを増やす方法

セロトニンは自分が幸せになるために喜び、感動を味わった時に出るホルモンです。セロトニン分泌の効果は自律神経が整えられて、睡眠も良くなって、頭痛、生理痛が軽減する。

セロトニンを出す方法

  • ちょっとしたことにも感動してみる。「スゴイ」「うまい」などと声をだすように心がける。:自分自身に感動を再認識させ、周りの人の共感を呼ぶ。
  • 太陽に当たる:日光に浴びるとセロトニンが分泌されると考えられている。1日に30分程度日光に浴びればいいとのこと。
  • リズミカルな運動をする:ウォーキング、自転車、ラジオ体操など。
  • お手玉:これは運動ができないという人向けのセロトニンを分泌させる行動。リズミカルな行動がセロトニンの分泌を促します。ストレスならない程度に毎日続けることが大切。歌を歌いながら行うと効果的

セロトニン分泌の効果としては脳がスッキリ爽やかになる、心の不安も改善される。また、インナーマッスルに働き姿勢の改善、表情も若々しくなるといった効果もあるという。

セロトニンを不足解消の食事

セロトニンは食事で増やすことも可能です。セロトニンを増やす栄養素には3つあります。

  • トリプトファン:魚類、肉類、乳製品、卵、大豆、ごまなど
  • ビタミンB6(補酵素):魚類、にんにく、ショウガ
  • :魚類、ほうれん草、レバー、小松菜など

姫野流カツオの冷や汁

番組では姫野医師がセロトニンを増やすレシピの作り方を紹介してくれました。

<材料>

  • カツオ…1柵(さく)100gくらい?
  • 味噌…大さじ3
  • こんぶだし…300cc
  • 豆乳…300cc
  • ショウガ(おろし)…大さじ1
  • 麦ごはん…600g
  • きゅうり…1本
  • 小松菜…2分の1束
  • くるみ…6片(かけ)
  • ショウガ…1片

冷や汁のポイント

  1. ボウルにカツを粗みじん切りしたものとお味噌を混ぜます。
  2. ここにこんぶだしを加えます。そして、キンキンに冷やした豆乳を加えて冷や汁を作ります。
  3. 容器に麦ごはん、きゅうり(細切り)、小松菜、くるみ、ショウガの千切りにしたものを入れて、ここに冷や汁をかけて完成です。