気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

家庭で簡単 セロトニンを増やす方法とストレス解消法 ゲンキの時間

スポンサードリンク

ゲンキの時間では家庭でも簡単にストレスを解消するための方法が紹介されていました。ポイントになるのはセロトニンというストレスを和らげるホルモンを活性化させること。番組では、セロトニンの分泌をアップさせる3つの方法を紹介していました。セロトニンを増やすためにはリズム運動や食材、スキンシップがキーワードです。

ストレスのサイン 眉間のシワ 手を組む

眉間のシワはストレスが感じやすい人にみられる特徴だという。また手をしっかりと組んでいるのもストレスを感じやすい人の特徴だということでした。

これら、眉間にシワを作る、腕を組むなど自然とでる行為はセロトニンを上げて情緒を安定させようとしているために起こるという。

魔法のホルモンストレス解消法 セロトニンの分泌をアップさせる

人によってはどうしても感じてしまうストレス。魔法のホルモン活性術のでストレスが和らぐという。 東京都千代田区にあるとある会社、平日の午後4時前にスポーツウェア姿のインストラクターがあらわれた。

すると、社員の皆さんは仕事の手を一斉に止めて、仕事中にもかかわらずストレッチ。この会社では毎週1回、定期的にストレッチをする時間を設けているということでした。

ストレスの解消、心の健康は大切な課題ということで5年前からこのストレッチを導入しているということでした。

社員の方は、すっきりする、仕事の効率化にはつながっているということで大絶賛しているとのこと。

家庭で実践 ストレス対策 セロトニンの活性術

ストレスと脳内物質の専門家、東邦大学の有田秀穂先生が家庭で簡単にできるストレス対策を教えてくれました。それはストレスを受け流してくれるセロトニンの活性術でした。その方法は3つありました。

  1. ペン回し、貧乏ゆすりなどのリズム運動を行う:実はこれらの行動は無意識にセロトニンを分泌しているという。その他にはウォーキング、ジョギング、自転車こぎなどのリズム運動でもセロトニンを活性化させる事ができるということでしした。1日5分から30分、疲れない程度に行います。ガムを噛むだけでも効果があるという。
  2. セロトニンの材料となる食べ物を摂取する:セロトニンの材料になるのはビタミンB6、トリプトファン、炭水化物の3つ。3つの栄養素を兼ね備えたフルーツがバナナです。1日1本よく噛むと効果がアップするということでした。
  3. スキンシップ:人とのふれあいによってセロトニンが分泌されるという。会話、肩もみやマッサージ、仕事後の1杯でも、ペットとのふれあいでもOKだということでした。

セロトニンを活性化させてストレスをコントロールすることで心も健康に生活することができるという事でした。