気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

クロロゲン酸酸を摂取できるむコーヒー コーヒーと緑茶で死亡リスクが減る理由

スポンサードリンク

緑茶とコーヒーの健康効果について最近いろいろとメディアでも取り上げられていて、お茶屋さんやコーヒーショップなどでは売上がアップしているところもあるという。あさイチでは、コーヒーと緑茶を飲むと死亡リスクが減少する理由とクロロゲン酸を多く摂取できるコーヒーについて取り上げていました。

コーヒーや緑茶で死亡リスクが減る理由

コーヒーを1日3,4杯飲む人はほとんど飲まない人よりも、死亡リスクが24%減少、緑茶の場合は、5杯以上飲む人は、1杯未満の人と比べ男性で13%、女性で17%減少することが明らかになっているという。

コーヒーと緑茶の疑問を国立国際医療研究センターの野田光彦先生が詳しく説明してくれました。野田先生たちの研究では19年間に渡り男女9万人にアンケートをとるという国内最大規模の調査を実施したということでした。

死亡リスクの低下にはコーヒーと緑茶に含まれる様々な成分が関係しているという。その代表的な成分にはクロロゲン酸、カテキン、カフェインなどがあります。

カフェイン

カフェインが喘息の時に使うテオフィリンという薬と親戚のような物質。同じように気管支を拡張させる働きがあるという。そのため呼吸器疾患の死亡リスクが減少するという。

カテキン

緑茶に含まれるカテキンには、動脈硬化を起こりにくくする働きがあるため、心臓病・脳血管疾患になるリスクを減少させる。

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、血糖値を下げるホルモンの分泌を促すため糖尿病のリスクを下げるという。糖尿病は心臓病とか心筋梗塞などの疾患や脳卒中のリスクになっているので、これらの病気のリスクを減らすことにつながっている可能性はあるということでした。

クロロゲン酸を多く摂取するコーヒー

より効果的にコーヒーを飲むにはどうしたらいいのでしょうか。番組では、血糖値を改善するクロロゲン酸をより多く摂取できる方法をコーヒーのプロ、コーヒーマイスター今井利夫さんに伺っていました。

今井さんはコーヒーの栄養成分にも詳しく、大学でコーヒー学の講座をもった事があるほどのスペシャリスト。クロロゲン酸を多く摂取するには浅煎りのコーヒー豆を使ったほうがいいとのこと。

クロロゲン酸は熱に弱い性質をもっているため焙煎時間の長い深煎りだとその多くが分解されてしまうという。なので飲むなら浅煎りコーヒーの方がオススメだということでした。

注意事項として、妊婦の方の飲み過ぎを避ける事と、重い心臓病や腎不全の方は摂取を控える