気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

家庭教師のトライ ブランディアの儲かりの秘密 がっちりマンデー!!

スポンサードリンク

がっちりマンデー!!ではハイジのCMでお馴染みの家庭教師のトライと中古ブランド品買い取りを行いネットオークションに出品してがっちりのブランディアを取り上げていました。これらの企業の儲かりの秘密はCMにもあるとのこと。ちなみにハイジのCMに登場するスーツ姿のキャラクターは家庭教師ではなく教育プランナーだということでした。

家庭教師のトライ ハイジのCMでガッチリ儲かる理由

1974年に放送のアルプスの少女ハイジを使ったCMを流しているのが家庭教師のトライ。なぜ家庭教師の会社のCMがアルプスの少女ハイジを使ったコミカルなものなのか。それは、家庭教師のサービスを受ける親御さん世代が子供の時にハイジを見ていたからだということでした。

親御さん世代に子供時代を思い出してもらうためにハイジをCMにつかっているとのこと。

CMの効果

肝心のCMの効果は年々1.3倍から1.4倍のペースで生徒も増えているとのこと。一番直近の受験期で10万人に利用されたという。

ハイジのCMを始めて4年間、生徒数は年々4割アップと増え続け、今では10万人に到達したということでした。

急成長の立役者 教育プランナー

家庭教師のトライの急成長の立役者は教育プランナーだそうです。ハイジのCMではメガネをかけたスーツ姿のキャラクターで登場しています。

教育プランナーの重要な仕事は、生徒と家庭教師のマッチングを上手く行うこと。これが上手くないと生徒の成績もアップしないばかりか、生徒が辞めてしまうということもあるという。

トライでは性格を診断するシステムがあり、まずこれをつかって生徒を9つのタイプに分類するそうです。のんびり型、成功追求型など。

この性格に合わせて先生を選ぶという。さらに教育プランナーは学期末の節目に家庭訪問を行い、成績のことや家庭からの要望があれば先生を変更するといったことも行っているという。

トライの教育プランナーは全国に1000名存在しているという。

プロの家庭教師が在籍

家庭教師のトライにはプロの家庭教師が1万人以上存在しているという。生徒から大人気のプロの家庭教師になると1時間8000円以上という値段になるそうです。

家庭教師のトライはハイジのCMから教育プランナー、プロの家庭教師で生徒数を増やしてがっちり儲けているということでした。

ブランディアの儲かりの秘密

ブランディアは不要になった中古ブランド品を買い取ってくれる会社。大量のCMを流すことで、いまでは毎日1万点以上の商品が送られてくるという。CM開始後には依頼が3割アップしたということでした。

商品査定の流れ

  1. ブランディアのサービスにパソコンやスマホで申し込み
  2. 宅配キットの箱にブランド品を詰めて発送
  3. 査定価格がメールで届き、それで良ければ買い取り、不満なら返却される

買い取ったブランド品をどのように販売しているのか

買い取った商品は、自前のオークションサイトやヤフーオークションで販売しているという。 買い取りの鉄則は安すぎず高すぎずだということでした。どちらもWin-Winになれるギリギリの値段を提示することが儲かりのポイントだという。

査定データベースの利用

ブランディアには査定データベースがありその商品を過去にいくらで買取りいくらで売ったのかというデータがおよそ900万件あるという。これをもとに買取価格を決めていくという。

このように、経験の少ないスタッフでもどんどん査定ができる仕組みがあるということでした。

この査定のデータベースにより、ブランディアでは他の質屋さんでは買い取らないような刻印入りのリングやネーム入りスーツなども買い取ってくれるということでした。

写真と詳細情報を入力したら販売サイトに即出品する。買い取り成立の翌日には遅くても出品しているという。

ブランディアの年間売上は80億にもなるということでした。