気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

船戸医師が実践するガンを予防する5カ条 主治医が見つかる診療所

スポンサードリンク

岐阜県船戸クリニック院長の船戸崇史先生は、たまたま受けた人間ドックで腎臓がんを早期発見することができたそうです。主治医が見つかる診療所では船戸先生が実践するガンにならないための5カ条を紹介していました。

船戸医師の実践するガンにならないための5カ条

船戸医師にガンが見つかったのは10年ほど前だという。左側の腎臓がんでその時の年齢は48歳。腎臓がんは初期の症状があまり無いことが多く早期発見が難しいとされているという。

船戸医師は偶然受けた人間ドックで早期発見することができて命が助かったということでした。その後、ガンを再発させないために生活改善。いまではそのポイントを患者さんたちに指導しているとのこと。

それが、だれでも、いつでも、どこでも続けられるガンを予防する5カ条

ガンを予防する5カ条

1つ目は毎日必ずを納豆とめかぶを摂る朝食はいつも納豆とめかぶだという。納豆にはイソフラボンという制ガン作用のある成分が入っているという。しかも、発酵しているので消化吸収されやすくなっているという。めかぶに含まれているフコイダンにも制ガン作用があるということでした。

さらに、先ほどのめかぶと納豆に加えて毎日にんじんジュースを飲む。毎朝、りんご1個、レモン半分、ニンジン3本をミキサーにかけたニンジンジュースも欠かせません。人参に含まれるβカロテンには抗酸化作用があります。

2つ目は夏でも靴下を着用する。必ずくるぶしから大体5センチから10センチくらいまでを覆うように靴下を履く。ガンを予防するためには体を温める事が重要だという。

3つ目はちょこっと歩く。毎日少しでも歩くことで体温をアップさせて免疫力を活性化させる。

4つ目は家族と毎日笑う。帰宅すると、奥様と会話しながら意識的に笑うようにしているという。笑うことによってガンを抑えるホルモンもでるし、リンパ球も活性化するという。

一人の場合は、鏡をみて自分を笑うと、笑いは伝染するので、意外と笑えるということでした。

5つ目は最低6時間は睡眠を摂る。1日にがん細胞は5000個ほど体内で作られるので、それを撃退するリンパ球は寝ている間にガンをやっつけるので、6時間ほどの睡眠は不可欠だということでした。