気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

手足の激しいかゆみ 豆類に含まれる金属 コバルトが原因の可能性

スポンサードリンク

足裏が異常に痒いという場合はやはり水虫を疑ってしまいます。しかし、水虫の薬を塗っても一向に治らない人がいるという。このような痒みの場合、手足に痒みがあり、見た目も水虫に似ているという。しかしこれは、一種の全身型の金属アレルギーが原因で異汗性湿疹を起こしている可能性があるということでした。ためしてガッテンでは二人の女性のケースを参考に豆類に含まれている金属のコバルトを例に全身型金属アレルギーを解説していました。

手足の激しい痒み 2人の女性のケース

水虫だと思っていたが違っていたケース

ある女性は、足がとても痒かったという。はじめは足の指だけが痒かったので水虫だとおもい市販の水虫薬を塗り続けていたということでした。しかし、まったく水虫薬の効果は無く、ついには痒みの範囲がかかとまで広がっったそうです。

これはおかしいと思い皮膚科を受診したところ、医師にこれは水虫ではないと告げられたという。

手足が内側から激しい痒みを感じた女性

もう一人の女性は、激しい痒みに襲われ夜も眠れない状態だったという。もともとアトピー性皮膚炎だったが、皮膚の内側からわきあがってくる痒みで、はじめはむず痒い程度だったが、次第に耐えがたいくらいの痒みに発展したという。特にかかとが痒くて夜も眠れなかったということでした。

しかし、ある治療法でおよそ2ヶ月ですっかりとおさまったという。

手足の激しい痒みの原因は金属アレルギーだった

先ほどの2人のケースでは、かゆみの原因は金属アレルギーでした。金属アレルギーというと金属を身につけていたりして起きると考えられているアレルギーです。例えばネックレスなど。

しかし、今回のケースではそのような金属を身につけていたことが原因ではありませんでした。

豆類にはコバルトという金属が含まれている

先ほどの2番めの女性のケースでは、医師からなるべく食べるのを控えるように言われた食材があったということでした。それが豆と豆製品。いわゆる豆腐や納豆などです。

実は豆類だけでなく多くの食品にはごく微量の金属が含まれています。枝豆、たばこ、チョコレートにはクロムという金属が微量に含まれています。また、アサリにやココアにはニッケルが含まれていたりと意外と食品には金属が含まれているそうです。

もし、ニッケルやクロム、コバルトに対して金属アレルギーを持っている人がいつもこれらの食品を食べていたら、その金属成分が汗として体外へ排出されます

排出された汗には金属の成分が含まれているので、金属アレルギーのある人はそこで皮膚に何らかのアレルギー反応がでて痒みが出るというわけです。

ちなみに、健康な人は(金属アレルギーがない人は)これらの微量の金属を含む食材を食べても異常はでないので大丈夫とのこと。

ポイントは手足の痒みが出て、薬をつけても1週間以上たっても治まらない場合は皮膚科に行って詳しい検査をしてもらう事が必要だということでした。