気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

コンポジットレジン 欠けた歯 とがった歯 虫歯も短時間で治療

スポンサードリンク

健康カプセルゲンキの時間では歯の黄ばみや虫歯、欠けた歯の治療法について紹介していました。それはコンポジットレジンを使った治療法。これによって虫歯は30分、欠けた前歯も短時間で治療することができるということでした。歯の黄ばみにはPMTCというクリーニング治療があるということでした。

コンポジットレジン 欠けた歯をすぐに治す治療

欠けた歯をすぐに治す優れものがあるという、それがコンポジットレジン。この治療法を使えば尖った前歯もキレイに治ってしまうという。

まずは欠けた部分に接着剤を塗ります。そして、コンポジットレジンを重ねます。コンポジットレジンは光を当てると固まります。わずか10秒で固まります。あとは、先生による調節をしてわずか30分で治療が完了するということでした。

虫歯もこれで治療することができるということでした。

PMTC 最新クリーニング

歯を白くする方法に、PMTCという歯のクリーニング法があるということでした。まず、あら粒子の研磨剤で磨くことから始まります。その後、歯の表面の汚れを除去します。元々は虫歯と歯周病予防のクリーニング。歯の汚れ落としにも効果的とのこと。

一般的に多い大人の歯の悩み

  1. 歯周病
  2. 虫歯
  3. 歯の黄ばみ

なぜ歯が黄色くなるのか

東京医科歯科大学の歯の着色を研究している先生によると、歯の表面のエナメル質が削れて象牙質が見えてしまうので黄ばみがあるようにみえるという。

さらに、着色、表面に色素がつくことで歯が黄ばみます。 そして、変色、歯の中に色素が染みこむことで黄ばんでしまうという。

どんな飲み物が歯に色がつきやすいのか

珈琲、紅茶、赤ワインのうちどれが歯に着色しやすいかという実験によると その答えは、紅茶でした。一方、1番着色しにくかったのはコーヒーでした。

ちなみに紅茶や赤ワインが着色しやすいという原因はまだわかっていないということでした。

歯の着色を促すもの

次に牛乳、レモン、柿ペーストの中で紅茶といっしょに飲むと歯が黄ばみやすくなるのはレモンでした。つまり、レモンティーがにして飲むと歯が黄ばみやすくなるという。

レモンは酸性なので酸は歯を溶かします。こういったことが影響しているのではないかということでした。