気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

お腹をラクにへこませるコツはコアハウスを鍛えること! ドローイン 所さんの目がテン!

スポンサードリンク

所さんの目がテン!では、老若男女の悩み、ポッコリお腹について取り上げていました。楽してお腹をへこませる方法は日常生活のちょっとした心がけで痩せる体質になるということでした。また、お腹にあるインナーマッスルを目覚めさせるとお腹を楽にへこませることができるという。このインナーマッスルを鍛えるコツが呼吸法にあるという。ドローインのやり方とは。

インナーマッスルの家(コアハウス)を働かせてポッコリお腹解消

ある男性は、横からみるとポッコリとお腹がでている。理学療法士の花岡正敬先生によると、姿勢を正しくするだけでポッコリお腹を簡単に解消することができるという。

先生が、ぽっこりとお腹がでた男性に対して10分間の姿勢指導を行い姿勢を調整すると、あら不思議、ポッコリお腹が少し改善していました。使った時間はたったの10分です。

ねこ背を正して、背筋を伸ばしただけでかなりお腹がスッキリしていました。姿勢指導を受けた男性の感想は、そうとう後ろに倒して立っている感じだということでした。

姿勢を正しくするコアハウス

姿勢を正しく保つには、コアハウスという家のような構造を持つお腹にあるインナーマッスルを働かせる必要があるという。

このコアハウスが弱ってくると骨盤が歪んでしまいポッコリお腹になるということでした。

ポッコリお腹を解消するには、姿勢を正しく保つことが必要で、コアハウス(特に腹横筋)をしっかりと鍛えることが大切だということでした。

コアハウス(腹横筋)を鍛える方法は呼吸法にあり

ポッコリお腹を解消するために手軽にできる方法として考えるのが、一番オーソドックスな腹筋運動。仰向けになりながら上体を起こす方法です。

残念ながらこの上体を起こすだけの腹筋運動ではインナーマッスル(腹横筋)はあまり鍛えられないとのこと。

外側の筋肉が鍛えられるだけなので固太りしてしまうとのこと。

コアハウスを鍛える呼吸法 ドローイン

では、インナーマッスルを鍛えるにはどうすれば良いのでしょうか。そのポイントは呼吸法にあるということでした。これは、いわゆるドローインという方法だという。

ドローインのやり方

  1. 鼻から息を吸い込み、口から吐きながらお腹をへこませます。
  2. 呼吸を止めずにお腹をへこませながら30秒キープします。

このドローインは、たったままでも寝ながらでも、作業しながらでもできるということでした。

たったこれだけで、コアハウスであるインナーマッスルの腹横筋がしっかりと鍛えられるということでした。