気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

女性更年期障害を解消するエクオールを増やすにはアボカド納豆がおすすめ? 納豆は1日どれくらい食べるとエクオールが増えるのか?

スポンサードリンク

更年期障害、特に女性の場合は女性ホルモンの低下が原因と考えられています。この女性ホルモンの代わりの働きをするのがエクオールという物質。このエクオールは体内で作ることができるとのこと。ただしエクオールを体内で作ることができない人もいるとのこと。

更年期障害がエクオールを作ることで改善できる理由

女性の更年期障害は女性ホルモンの低下が原因とされています。エクオールという物質は女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしているという。

そのため、エクオールを増やすことでエストロゲンに成り代わって同様の効果を発揮するということでした。

ただ、体内でエクオールを作ることができる人と作れない人がいるとのこと。エクオールを体内で作ることができる人はおよそ40%程度だという。

エクオールをつくる身体にするには腸内環境を変えることが大切だということでした。

エクオールを作る身体にするには納豆を食べることがおすすめ?

実際にエクオールを作ることができる身体に変化した人たちが食べるようにした食材が納豆だという。

納豆にはエクオールの原料となる大豆イソフラボンが豊富に含まれているだけでなく、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える働きがあるといわれているという。

エクオールをつくれるようになった方々は納豆を1日1パックを継続して食べていたとのこと。

さらに納豆にアボカドを加えたアボカド納豆にすることで数倍も腸内環境を整えることができるということでした。

アボカド納豆の作り方

番組内でエクオールを作る菌を目覚めさせてくれるメニューとして紹介されていたのがアボカド納豆。

アボカド納豆の作り方は次のようにとても簡単でした。

  1. 納豆…1パック
  2. アボカド…2分の1個(種をとって皮をむいたもの)
  3. 納豆に付いている付属のタレと一緒に混ぜる

たったこれだけでアボカド納豆の完成です。

納豆のパワーをより高めてくれるアボカド納豆。アボカドと納豆の組み合わせは味も絶品とのこと。パンに挟んでたべても美味しいとのこと。

アボカドには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれていて、しかも、腸内を整える黄金比1:2で含まれているので理想的な食材とのこと。

腸内環境は夜作られるのでアボカドの納豆は夕食に食べるのがおすすめとのこと。