気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

花粉症になりやすいのは長男と長女の理由と衛生仮説 太りやすいのは次女よりも長女

スポンサードリンク

日本人の4人に1人は花粉症にかかっていると言われている花粉症。同じような環境で育った兄弟でも大きな違いが出るという。林先生が驚く初耳学では,花粉症になりやすいのは兄弟の中で長男と長女である理由を紹介していました。これには衛生仮説という考えがあるそうです。また、長女のほうが次女よりも太りやすいとのこと。なんでもニュージーランドの大学の研究によると長女のほうが脂肪を蓄えやすい体質だということでした。

長男長女が花粉症になりやすい理由

日本アレルギー学会専門医の大谷義夫医師がいうには、ロート製薬の調査によると花粉症発症率は第一子が39.7%、第二子が29.2%と第一子がのほうが10%も高いというデータがあるそうです。

そもそも、なぜ長男、長女は花粉症になりやすいのか?

その理由は、第一子は他に子供がいない状況で成長するため、アレルギーに対する免疫細胞が活発なので「花粉症に」かかりやすいためだという。

衛生仮説

林先生の解答は衛生仮説という考えで説明していました。人間の体には免疫を司っている細胞(リンパ球)があり、それには2種類あるという。

1つは細菌やウイルスに対するもの、2つ目は寄生虫に対するもの。このふたつ目の免疫細胞(寄生虫に対応する)が過剰に反応するとアレルギー反応を起こしやすくなるという。

生まれた直後というのは、この2つの免疫細胞はアンバランス状態、しかし、成長するにしたがって、段々とウイルスや細菌などと接触していくとこの両者のバランスが取れてくるという。

しかし、小さい時にウイルスや細菌にあまりにも接触しない状態で成長してしまうと、大人になった時にアレルギーに反応する免疫細胞が優位の状態になりある時突然アレルギー反応を起こすことがあるということでした。

長女は次女より太りやすい理由

花粉症以外にも第一子と第二子では体質に違いが出ることがあるという。それは長女は次女より太りやすいという。

日本産婦人科学会認定専門医の丸田佳奈さんによると、ポイントは、赤ちゃんがまだお腹にいるときの「胎盤の血管」にあるという。

ニュージーランドの大学が行った約3万人の女性を対象に行った研究によると初産の場合、胎盤の血管は第二子を妊娠しいている時より細い傾向にあるという。

つまり長女には十分に栄養が行き渡らず次女に比べて小さい体格で生まれる確率が高いという。

そのため長女は脂肪を蓄えやすい体質になり太りやすくなるという。

ちなみに、番組内で高橋真麻さんの話題になりました。真麻さんも第一子で小さい時(11歳)はマックスで体重が75キロ、ウエストが95センチもあったそうです。

林先生は真麻さんのブログを読んだ感想として、「食べ方がデブ」だと指摘。というのも、真麻さんの食事と食事の間のインターバルが短く、ハシゴとか平気でされているということからこのように指摘したとのこと。