気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

えのきご飯 1日5食 炭水化物ダイエット成功の秘訣 あのニュースで得する人損する人

スポンサードリンク

多くの人が行って失敗している炭水化物ダイエットですが、これを簡単に成功させる方法があるということでした。あのニュースで得する人損する人では、炭水化物ダイエットで26kgの減量に成功した女性の成功したポイントを紹介していました。えのきご飯と1日5食、これがキーポイントということでした。

えのきご飯で炭水化物ダイエット成功コツ

43歳の主婦の方は炭水化物抜きダイエットで26kgのダイエットに成功したそうです。その女性は10年前は70kgも体重がありました。

この女性は3年間で70kgから44kgまで、独自の炭水化物抜きダイエットで落とすことができたということでした。また、ダイエットをやめてから7年間リバウンドは無く、体形を維持しているということでした。

この炭水化物ダイエットを成功させたポイントは2つありました。

えのきをご飯に混ぜた/h3>

一つ目のポイントは白飯に刻んだ、えのきを混ぜたことでした。実は、はじめの頃は、ご飯に見立ててえのきの刻んだものだけをカレー等をかけて食べていたそうです。

えのきをご飯の代わりにしていた理由は、刻んだ時にご飯に似ているという理由からでした。しかし、エノキだけだとキシキシとしていてダメだということで、ご飯にまぜることにしたそうです。

しかし、これが炭水化物ダイエットを楽に続けられたポイントでした。

それは、エノキはきのこ類の中でも食物繊維の量が多く、血糖値を上がりにくくして脂肪の吸収をおさえる働きがあるので、ご飯に混ぜて食べるのにはダイエット的に理にかなっているということでした。

1日5食食べることにした

さらに、この女性によると、炭水化物ダイエットの成功は1日5食食べた事も影響しているということでした。

我慢せずに食べることも大切だということです。我慢するとストレスで食欲が旺盛になるのでドカ食い、過食などになり逆に太ってしまいます。

1日5食というのは、1日3食の量を5回に分けて食べるということです。つまり、分食をした事が3年で26kgの減量に役立ったということでした。