気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

目に良い食材ランキング 目やにと病気のチェック 駆け込みドクター

スポンサードリンク

目に良い食材というとブルーベリーをすぐに思い浮かべてしまいますが、2月22日の駆け込みドクターで紹介していた目に良い3つの食材の1位は鮭でした。2位もまた以外のほうれん草がランクイン。ブルーベリーは3位でした。最後に番組では目やにから病気をチェックするための目やにの状態が紹介されていました。

目に良い食材ランキング ベスト3

番組で紹介していた目に良い食材は次の3つでした。

  1. ほうれん草
  2. ブルーベリー

1位は鮭

なんとランキング1位は鮭。鮭には赤い色素のアスタキサンチンが豊富に含まれていて、アスタキサンチンには視力回復、老化防止、疲れ目解消に効果があるとされている。アスタキサンチンが目の老化から目を守る効果は、ほうれん草の40倍、ブルーベリーに含まれるビタミンEの550倍もあるといわれているという。

2位はほうれん草

ほうれん草には目に良い成分βカロテンやルテインが豊富に含まれている。βカロテンは目の粘膜を健康に保ちドライアイの症状を軽減してくれる。ルテインは紫外線から目を守り黄斑変性や白内障予防に効果があるとされている。

3位はブルーベリー

紫色の色素のアントシアニンは眼精疲労に良いとされている。また、疲れ目予防に効果的なビタミンAや目の老化を防ぐビタミンEが含まれている。

目やにからわかる病気

目やにが次のような状態から病気がわかるということでした。アレルギーやドライアイ、ウイルス性の結膜炎などです。

  • アレルギー:目やにが透明、サラサラ
  • ドライアイ:目やにが透明でネバネバしている
  • ウイルス性の結膜炎:目やにが黄色でネバネバしている

気になる方は眼科で診察してもらいましょう。