気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

昆布が食物アレルギーに効果的 ダニアレルギーにはダニエキスの錠剤でTレグ細胞を増やす

スポンサードリンク

世界一受けたい授業ではアレルギーの新常識を取り上げていました。アレルギーを根本的に無くすために注目されている細胞があるという。それがTレグ細胞。番組では食物アレルギーに効果のあるTレグ細胞を増やす食材は昆布、ダニアレルギーに効果のあるダニエキスを含ませた錠剤を使った舌下免疫療法を紹介していました。

Tレグ細胞を増やすと花粉症やアレルギーが治る?

花粉症の原因とされる花粉自体は体にとって悪い物質ではないという。しかし、花粉が体内に入ってきた時に、免疫細胞が花粉を悪い病原体と勘違いして攻撃をすることで炎症が起き、くしゃみ、鼻水などの症状が出るという。

Tレグ細胞は、外部から入ってきた物質を、体に害があるかどうか判断し害がないと判断したら、外部から入ってきた物質を攻撃している免疫細胞を穏やかにする働きがあるという。

つまりTレグ細胞がある方がアレルギーになりにくいという。

Tレグ細胞を増やす方法

Tレグ細胞はアレルギーの原因物質によって様々存在しているという。例えばスギ花粉症であればスギ花粉に効果のあるTレグ細胞が必要になってくるという。その中で研究によってわかったTレグ細胞の増やし方(ダニアレルギー)は次のとおりでした。

ダニアレルギーのTレグ細胞の増やし方 ダニエキス

日本人の4人に1人がアレルギー性鼻炎だという。主な原因はダニ。そのアレルギー性鼻炎の治療法としてベロの下にあるもののエキスが含まれた錠剤を投与して、Tレグ細胞を増やす方法があるということでした。

そのあるものとはダニのエキスだという。このダニのエキスを含ませた錠剤をベロの下に投与してダニによるアレルギー症状を抑えるという。

この治療法は舌下免疫療法と呼ばれています。

食物アレルギーに効果のあるTレグ細胞の増やし方

東京理科大学の研究によるとあるものを食べると乳酸菌が増えてTレグ細胞も増える事がわかったということでした。

これはマウスによる実験結果で、人への効果も期待できると考えられているという。それは昆布だということでした。

ただ、昆布も食べ過ぎるとむくみや便秘の原因になるので、目安としてはとろろ昆布をひとつまみくらい、週に2~3回程度食べることだという。