気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

フランフラの儲かりの秘密 がっちりマンデー!9月14日

スポンサードリンク

フランフランはおしゃれで可愛い家具・雑貨を売っているお店。メインのお客さんはやっぱり女子。全国に126店舗を展開しているという。9月14日のがっちりマンデー!では女性に人気のお店、フランフランの儲かりの秘密を取材していました。

フランフランが儲かる秘密

フランフランのお店作りのこだわりがある。フランフランの名前の由来は、フランス語の自由な、率直な、誠実なちおう単語からきているという。フランフランを運営しているのは株式会社バルスという会社です。元々は家具の会社の子会社としてスタートして、そこから独立したということでした。

フランフラン商品の儲かりポイント

カラーバリエーションが多い、デザインがかわいいのがフランフラン商品の特徴で、女子の心を上手くつかんでいるという。どのように商品が開発されているのか。

メーカー、卸から仕入れるのではなく、自社ブランドを作って売るスタイル。日本のデザイナーがデザインして、それをアジアの工場に発注して作っているということでした。

デザインはどうやって決めているのか。デザインを決める会議室は女性の商品担当者で占められていた。すべてのジャンルの商品を決められたテーマに沿ってデザインしていく。これを決めるのがクリエイティブ・ディレクター。でも最終的には社長が商品をチェックする。

独特の陳列方法

続いての儲かりポイントは、独特の商品陳列方法にあった。フランフランは店舗ごとにディスプレイが異なっている。この統一感がないというのが商品陳列のこだわりだということでした。

チェーン店は通常、本部からの支持で陳列方法を変えたりするので、どのお店も同じにレイアウトされます。そのほうが効率も良い。しかし、フランフランはあえてどのお店も違うように作っている。もちろん、本部からはレイアウトに関するイメージ図は送られてきます。それを元に商品陳列はどの店舗も自由に決めることができる。お客としても見てて飽きないということでした。

当然レイアウトを決めたり、設定したりするのは大変。後はセンスがとても大切ということでした。