気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

金スマ8月1日 ふるさと納税で十勝ナイタイ和牛・高級ジェラート フルーツ魚・平戸瀬戸物語

スポンサードリンク

金スマ8月1日ではふるさと納税がとってもお得と紹介していました。デヴィ夫人がふるさと納税の候補地としてまず選んだのは北海道上士幌町。その特典である十勝ナイタイ和牛、高級ジェラートを試食していました。そして、次の候補として選んだのは長崎県平戸市で、人気特典はフルーツ魚そしてウチワエビ・カキ・サザエセットの「平戸瀬戸物語」でした。

ふるさと納税のメリットと制度

ふるさと納税のメリットは実質2000円で全国各地から高級食材が届く制度です。たとえば山形県長井市にふるさと納税を行うと米沢牛5,000円相当、山形産のさくらんぼ佐藤錦が5,000円相当が驚きの2,000円で手に入る。

ふるさと納税制度

ふるさと納税の制度はいわゆる自治体への寄附金のことです。人口が減って税収少ない地方と都市部の税収格差を埋めるためにスタートさせた制度。地方の自治体への寄付のお礼としてその土地の品物が貰える。実際に自分のふるさとだけではなく、全ての自治体に寄附することが可能。

たとえば1万円を地方自治法にふるさと納税すると5千円分の特産品と寄付をしたという受領書が送られてくる。この受領書を添えて確定申告すると、そのうち2千円を超える部分、8千円が控除になる。

実質負担は2千円で済み、なおかつ5,000円相当の特産品がもらえるというお得な制度。

今では、何がもらえるのかまとめサイトもあるので情報収集も簡単になっている。

北海道士幌町

まずデヴィ夫人が向かったのは北海道は上士幌町。帯広市から車で1時間半。熱気球が盛んで大会も開かれている。人口5千人、牛3万頭以上いる。この町の特産品が欲しいと昨年集まった寄附金はなんと2億4350万円。

なぜ上士幌町にふるさと納税がたくさん集まったのか。それは、普通の自治体は年に4回ふるさと納税をしても特産品が届くのは1回、しかし上士幌町では寄付するたびに特産品がもらえるという。これが人気の秘密だった。

一番人気の特産品は十勝ナイタイ和牛とのこと。第2位は手作りジェラート(14個入り)。

長崎県平戸市

平戸市は海産物が有名の町。人口は3万4千人ほど。そこでふるさと納税に力を入れることで税収アップと町の活性化をはかっている。

平戸市のふるさと納税の人気の秘密は、83種類の商品から選べる、全国トップクラスの品数。しかも、要望があれば無料でこのカタログを郵送してくれるという。

イチオシの特典のエビとは、ウチワエビ。めったに見られないエビ。味は伊勢海老にも負けないという。さらに特典はこれだけではなく平戸瀬戸物語としてウチワエビ、カキ、サザエもセットでついてくる。

他にも珍しいフルーツ魚が特典として人気があるそうです。フルーツ魚とはブリの事。ぶりの養殖をしていて、餌に夏みかんを混ぜていることからフルーツ魚と呼ばれている。