気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

玄関で人生が変わる 広沢かつみさんの玄関収納術 あさイチ

スポンサードリンク

住宅ローンが破綻する家は玄関が散らかっていることが多いという。全国の主婦に人気の玄関に徹底的にこだわる、整理収納アドバイザー広沢かつみさんが玄関の収納のコツを紹介してくれました。広沢さんによると、玄関は本来なら単なる通路なので、物置のように物を置いてはいけないということでした。

広沢かつみさんの玄関収納術のコツ

玄関革命幸せへのステップとして、広沢かつみ酸の玄関をきれいに収納するための3つのポイントは次の通りでした。

スキマに物を詰め込まないようにする

靴は一足一足、取出しができるように余裕を持って収納できるように靴箱に入れる。わかりやすさと出し入れを最優先にして収納していきます。また、いつも履く靴を収納して、新しい靴を買ったら古い靴と置き換えて収納していきます。

小さな靴は100円ショップの靴用のケースにまとめて立てて並べるとスッキリとおさまるという。

ほとんど履かない靴は思い切って処分します。履かない靴を取っておいても意味がないということでした。

続いての置き方。濡れた傘は、まず外で乾かし、靴箱に入れた傘たてにしまいます。

スキマがあるとそこに物を入れたくなってしまうので、スキマを「もったいない」と思ってはいけないとのこと。

玄関に置ききれなかったもの

入りきらなかった物(二軍)はどこに置くか。玄関におきたかったけど置けなかった物は、下駄箱意外のバックヤードを作り頻度の少ないものを収納していきます。バックヤードは家の開いている部屋などに作ります。

玄関に収納し切れなかった靴は100円ショップのシューズケースに入れたり、ゴミ箱のふたを外してサンダルを入れたりして工夫して入れます。季節はずれの靴や小物などはこのバックヤードで保管します。季節変わりには玄関の衣がえを行います。

遊具などは外の物置に置くようにします。

おもてなしの道

最後のステップがリビング。共有の場にして玄関とついないで公の場に変身させます。守るルールは個人の物はリビングに置かないこと。なるべく家族みんなで使うものを置くようにします。

このルールを守るだけでもかなりリビングはスッキリとするということでした。