気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

碁石茶の効能 免疫力アップ 花粉症改善 強い乳酸菌パワー

スポンサードリンク

スーパー乳酸菌とよばれるほど強力な乳酸菌が含まれているお茶があるという。それは碁石茶というお茶。このお茶に免疫力アップ、花粉症改善、ダイエットなど様々な効果が期待できると注目している研究者もいるということでした。主治医が見つかる診療所ではこの碁石茶の健康効果に迫りました。

碁石茶 産地の中学校でも飲まれている

碁石茶が作られているのは高知県。その産地は観光スポットとして有名な桂浜から車で1時間ほどのところにある四国山地の中央部の大豊町です。この小さな町が日本で唯一、碁石茶を生産している場所だという。

碁石茶の唯一の産地だけあって、大豊中学校では生徒たちが碁石茶を自由に飲めるように給湯器まで設置されている。この中学校でお茶が飲まれている理由は、高知大学医学部の要請を受けたからだという。学校側も生徒の健康に寄与するならばということで了承したとのこと。

愛飲している中学生たちは風邪をひかなくなった、休む回数が減った、便秘が改善したなどの健康効果を実感しているという。

碁石茶の効能 効果

ある碁石茶農家を営む家族は、碁石茶を作り始めて、同じ頃から食事の時には必ず毎日飲むようになったという。 なんとその奥さんは花粉症が治ったとのこと。昔は花粉症のシーズンになると目が痒くなり、鼻水に悩まされてきたという。また、今では風邪も本当にひかなくなったとのこと。

この碁石茶の生産者家族は碁石茶の免疫効果を実感しているということでした。

免疫力アップ 花粉症改善効果が期待できる理由

東京農業大学の岡田早苗博士によると、碁石茶は乳酸発酵させて作りますが、その前にお茶の葉っぱをカビで1回発酵させるという二段発酵という方法で作られているという。その過程のお陰で免疫調節作用の強い乳酸菌が住み着いているために免疫力をアップさせたり、花粉症の改善の効果が期待できるということでした。

碁石茶に含まれている乳酸菌は普通の乳酸菌に比べて強いということでした。まず、二段発酵でお茶から渋みが出てきます。この渋みは乳酸菌にとっては大敵。この渋みの試練に耐えた選びぬかれた乳酸菌がこのお茶に含まれているので、健康効果も強いという。

岡田博士によると、これまで研究してきた5000種類ある乳酸菌の中で免疫力を高める効果が1番高い乳酸菌なのではないかということでした。

また、碁石茶が生産され出荷されるまでには2年という熟成期間がかかるそうです。

碁石茶の味

碁石茶を番組スタッフが飲んだところ、酸味がつよく、甘酸っぱさが舌にのこるところが美味しいという感想でした。普通のお茶と違い発酵食品特有の酸味があるのが特徴だということでした。紅茶やハーブティーに似ているという感想もありました。