気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ごま油だしで作る万能だれ 梅ダレの作り方 ごま油が夏バテ防止に良い理由!

スポンサードリンク

あさイチではごま油を使った万能だれの作り方を紹介していました。今から暑くなる季節におすすめなのがごま油をベースに使った梅だれだという。梅がさっぱりしていて食べやすく、疲れも取りやすくなるとのこと。ベースとなるごま油には昆布だしが含まれています。この昆布だしの取り方がポイント。褐色のごま油と白いごま油の違いは、煎ったごまを搾っているか、生のごまを搾っているのかの違い。生のごまを使った白ごま油は香り、味は控えめであっさり風味が特徴。

ごま油で作る万能だれの作り方

ごま油メーカーの研究課の方が酸化に強いごま油で万能だれの作り方を教えてくれました。この万能だれがあれば普段の料理もワンランクアップすること間違いなし。ベースとなるごま油を作り、これに梅やニラなどを加えることでニラだれ、梅だれを作ることができるとのこと。

万能だれのベースとなるごま油は昆布で出しをとるのがポイントだという。そして、白ごま油を使うことだそうです。白いごま油を使う理由は熱に強く、クセがないので昆布の出しが生きるという。だしの取り方は次の通りでした。

ごま油だしの作り方

  1. 白いごま油を鍋にいれて、そこに刻んだ昆布を入れて加熱します。このようにすることで昆布のアミノ酸と香りが油に溶け込みます。
  2. 加熱するときの温度は150度。この温度以上でも以下でもダメだという。

このベースだしを使って梅だれを作ります

梅だれの作り方

  1. 種をとって潰した梅干しを容器に入れます。
  2. 先ほど作ったごま油だしと醤油、みりんを加えます。
  3. 後は混ぜれば完成です。

梅の代わりにニラ、長ネギ、ショウガを使えばニラだれになるとのこと。また、梅の代わりにトマトを使うとトマトだれになるということでした。

ごま油が夏バテ予防に効果がある理由

ナッツをはじめ油を研究している慶応義塾大学医学部教授の井上浩義先生によるとごま油(白でも褐色でもどちらでも良い)は小さじ2分の1を毎日摂取すると夏バテ防止の効果が期待できるとのこと。

ごま油に含まれる抗酸化成分のゴマリグナンが肝臓に蓄積して酸化から守る。その結果、体調を整えるビタミン、ミネラルの働きがよくなるので夏バテ防止になるとのこと。