気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

老化ストップホルモン グレリンの効果 体内でグレリンを簡単に作る方法は空腹状態

スポンサードリンク

みんなの家庭の医学では老化ストップさせるというホルモンを取り上げていました。老化ストップホルモンを分泌させることで見た目の若さと身体の中の若さを保つことが可能になるという。老化ストップホルモンの正体はグレリン。詳しく教えてくれたのは慶應義塾大学医学部腎臓内分泌系代謝内科の伊藤裕先生でした。番組でははグレリンの効果と体内で簡単にグレリンを作る方法を紹介していました。

グレリン 老化ストップホルモンを増やす方法と効果

老化ストップホルモンは先生自ら効果を研究している大注目のホルモンとのこと。この老化ストップホルモンはグレリンと呼ばれているという。このグレリンというホルモンは見た目だけではなくて、心臓や血管、腎臓などの臓器まで若々しくする作用があるとのこと。

ちなみに、このグレリンというホルモンは1999年に日本で発見されたということでした。

そもそも老化の意味とは

人間の体を形作っている細胞は60兆個あります。そしてその細胞一つ一つが運ばれてきた酸素を使ってしっかりとエネルギーを作り出すことで人間は日々身体を動かして生きていくことができているという。

ところが、歳を重ねていくと60兆個ある一つ一つの細胞が酸素をしっかりと使えずにエネルギーを作る効率が低下してしまうという。

エネルギーが作られなくなると身体を動かしづらくなります。これが老化するという意味だということでした。

グレリンの効果

老化ストップホルモンのグレリンをしっかりと分泌することができれば、エネルギーが作られなくなった細胞でも若いころのようにしっかりと酸素を使ってエネルギーを量産することが可能になるとのこと。

体内でグレリンを作る方法

グレリンを分泌させるポイントがあるという。それはお腹が空いた時になる「グー」という音です。

この音とグレリンは非常に関係があるという。先生によると、このお腹が空いた時になるお腹の音はグレリンの作用の1つだという。たくさんのグレリンが出ると胃の神経に働いて胃を動かしてくれるという。この時にお腹の音が鳴るとのこと。

つまり、お腹がグーッとなっている時こそグレリンがたくさんでているということでした。

空腹状態がピークになりお腹が鳴る時にグレリンも大量に分泌されるとのこと。

そこで1日3食「グーッ」とお腹が鳴るほどお腹をすかせてから食事を摂ることがグレリンを多く分泌させる方法だということでした。