気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

薬は下を向いて飲む 排便するときは台に足を置く 自販機から戻ってきたお札 ソレダメ!

スポンサードリンク

ソレダメ!では日常がより快適になる方法4連発が紹介されていました。薬は下を向いて飲む、手のひらを返すことで買い物袋を楽に持つ方法、自動販売機から戻ってきたお札を使えるようにする方法、用を足す時は台に足を置いてすると排便しやすいの4つでした。

薬は上を向いて飲むのはダメ

薬が錠剤の時上を向いて飲んでいる方も多いですが、この行為はダメだということでした。

薬剤師によると、薬をのむときに上を向いて飲むとかえって薬を飲みにくくしてしまうという。上を向いて薬を飲むと先に水だけが流れていってしまい、それで薬が口や食道のあたりに残ってしまうことがあるということでした。

ゼラチン状のカプセルだと食道にくっついてしまい、中に入っている薬に刺激性が強い食道を傷つけてしまうこともあるということでした。

正しい飲み方

薬を飲むときは下を向いて飲むのが正しい飲み方だということでした。水とくすりをくちに含んだら、うつむいて飲むことで、水とくすりを一緒に胃に流し込む事ができるので安全だということでした。

楽に重い買い物袋を持つ方法

理学療法士の岡田慎一郎さんによると、楽に荷物を持つとっておきの方法を教えてくれました。それはただ、てのひらを返すだけ

実際に主婦の方が実践すると皆、軽く感じるとのこと。

重い荷物を持った時に手のひらを返すだけで、肩甲骨が広がって、背中と腕とが連動しやすくなり、そのことによって背中の大きな力が腕まで伝わってきて荷物も負担なく楽に持つことができるという。

岡田さんによると、親指を体の内側に回し手のひらを返す事で体全体から大きな力を引き出す事ができるという。

自動販売機の戻ってきたお札のシワを伸ばすのはダメ

自動販売機にお札をいれて、戻ってきた時。そのお札のシワを伸ばしてしまうのはダメだということでした。

自動販売機の貨幣識別装置を開発販売している方によると、何度もお札が戻ってきてシワを伸ばして入れなおすことは、逆効果だという。

お札が戻ってきてしまう理由は、紙幣に付いている手の脂や汚れが原因で機械がお札と認識しなかったからだということでした。なので、シワをのばそうとベトベトとお札を触るのは逆効果だということでした。

どうすれば良いのか

ティッシュや乾いたハンカチなどを使ってお札に付いた手の脂や汚れを拭いてあげるだけで良いとのこと。

ちなみに、硬貨の場合は、形や厚み、材質で判断するので手の脂や汚れは全く関係がないとのこと。硬貨を自販機に入れて戻ってきた場合は裏表を逆にすると認識してくれる可能性があるとのこと。

まっすぐ座って用をたすのはダメ

便座に90度に座って用を足す(排便)のはダメだということでした。それは、日本人の腸は、90度の角度で座ると筋肉で引っ張られた状態になるとのこと。つまり、便を排出しにくくしている状態。

便をスッキリと出すにはどうすれば良いのか

医師が仰るには、便をスッキリと出しやすくするためには足元に台を置くだけで良いということでした。

台の上に足を置いて便座に座ることで自然としゃがむ姿勢が作られる。この姿勢をすることで、腸を締め付けていた筋肉が緩んで一気に便が出やすい状態になるということでした。