気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

白内障の症状で老眼が治る? 点眼で進行を遅らせる 加齢で青色が見えにくくなりやけどしやすくなる

スポンサードリンク

白内障は加齢現象の1つで60歳以上の8割が発症すると言われているという。サタデープラスでは目に関する病気を取り上げて白内障の症状に老眼が治る、青色が見えにくくなるのでやけどしやすくなる、点眼で白内障の進行を遅らせる(早期の場合ほど効果的)などについて詳しく解説していました。

加齢になると青色が見えにくくなることがある

加齢現象による色覚異常は、生まれつき起きるというわけではなく、後天的に起こることがあるという。

特に加齢による色覚異常は特定の色が見えにくくなるのが特徴だという。加齢によって見えにくくなる色は青色

青色が見えにくくなるのでガスコンロの火が見えにくくなり、着衣着火による高齢者のやけどが増えているとのこと。

青色が見えにくくなる理由

青色が見えにくくなる原因は白内障だという。白内障は白髪と同じで誰にでも起こる老化現象。

目の中の水晶体が濁ってしまうことで、視界がぼやけて見えたり、青色が見えにくくなったりするとのこと。

白内障の症状で老眼が治る

白内障の症状にはいくつかあり、青色が見えにくくなる、視界がぼやけて見えるという他にもある症状があるという。

それは、老眼が治ることがあるということでした。

白内障の進行症状で老眼が改善する理由は、ピントが合わなくなっていた目の水晶体の中に、硬い部分ができそれによりピントが合わせられるようになり老眼が治った状態になるとのこと。

しかし、この硬くなった部分に徐々に色がついていくため、目に見える風景は黄色っぽくなりぼやけていき見えなくなっていくという。

白内障の点眼での対策

眼科医によると、白内障は早期に発見することができれば目薬で進行を遅らせる事ができるということでした。これは若い人ほど効果的だということでした。

白内障は進行してしまうと手術しか方法がないとのこと。