気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

痛くない鼻うがいのやり方 ためしてガッテン

スポンサードリンク

ためしてガッテンでは、これなら毎日できる鼻うがいのやり方を紹介していました。鼻うがいというと痛いイメージがありますが全然そんなことはないということでした。また、鼻の奥までうがいしなくても手前だけでも効果があるとのこと。しかし、長引く蓄膿症やアレルギーの場合は耳鼻科を受診したほうが良いということでした。

ためしてガッテンで紹介していた鼻うがいのやり方

番組では、これなら毎日できるという簡単な鼻うがいのやり方を紹介していました。医師によると鼻うがいはケアとして大切だということでした。基本的には長引く鼻炎の治療法ではなく、普段からの鼻を守るための鼻のケアという位置づけで行うと良いということでした。

ポイントは痛みが無く手軽にできるということだという。風邪のウイルスやホコリがつくのは鼻甲介の中でも手前が多いとのこと。なので鼻うがいをするのは鼻甲介の前のほうを軽くゆすぐというのが理にかなっているということでした。

鼻うがいで用意するもの

  1. 0.9%の濃度の食塩水(200mlに塩およそ2g)
  2. 水温は人肌の37度くらいにする。
  3. 先が尖っていない、水が噴射する容器(薬局で2千円程度)を用意します。

口の中は水道水でうがいしても大丈夫ですが、鼻の中は生理食塩水という体液と同じ0.9%の塩分が入っているものを使った方がしみなくて楽にうがいができるということでした。

鼻うがいのやり方

  1. 顔を下に向けて水を噴射します。水が奥に入らないように「あー」と声を出しながら行います。
  2. 反対の鼻から無理して水を出さなくても大丈夫とのこと。
  3. これを両方の鼻で行い、ティッシュで優しく鼻をかんで終了です。

蓄膿症やアレルギーが長引いている方は専門外来を受診した方が良いということでした。