気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

春のかゆみ 耳が痒くなる病気 かゆみのあるイボとホクロ

スポンサードリンク

世界一受けたい授業では、痒み研究のスペシャリスト日比野佐和子先生をゲストに春かゆみと危険な痒みを取り上げていました。いつも耳が痒いので耳かきを携帯している、かゆみのあるホクロがある、かゆみのあるイボが最近増えてきたという方は要注意とのことでした。

春かゆみ

春は風でホコリが舞ったり、日差しが強くなったり、気温が上がってきて温度が変化してきたりするので痒みを引き起こす刺激が起きやすい季節だという。このように春になるとかゆみが起こる場合は春かゆみ可能性があるということでした。

かゆみは時として体の異常のサインである場合があるということでした。先生は危険な痒みを幾つか教えてくれました。

いつも耳が耳が痒くなる

いつも耳が痒くなるなるので耳かきを携帯しているという方は、かゆみから痛みに変わる病気、外耳炎になる危険があるということでした。耳掃除のやり過ぎは禁物。耳かきをやり過ぎるとそれが刺激となり炎症が起こり外耳炎になることもあるということで、月に1回くらい耳の入り口から1センチくらいまでを綿棒で撫でるように1周するくらいがちょうど良いということでした。

痒みがあるイボ

痒みがあるイボは胃がんのサインの可能性があるということでした。老人性イボと間違えられる事が多いそうですが、見分ける方法としてはイボの増え方が短期間でかゆみのあるイボが急増する場合は老人性イボではない可能性が高いということでした。

痒みがあるほくろ

かゆみのあるほくろは皮膚がんの可能性があるということでした。皮膚がんのほくろは見た目も普通のほくろと違うということでした。形が左右対称ではないいびつな形をしていたら要注意とのこと。また、直径6ミリを超えるホクロも要注意とのことでした。

かゆみが起こる原因

かゆみが起こる原因は体内にあるヒスタミンという物質のせいだという。何らかの刺激を受けて異常を感じた皮膚の細胞はヒスタミンという物質を放出します。このヒスタミンが神経を刺激して痒みを引き起こします。特に春は日差しも段々強くなり温かくなることから痒みも多い時期。

痒みがあるからといって、皮膚をかいてしまうとその刺激が脳に伝わってかゆみの物質であるヒスタミンを逆に大量に放出してしまうことになるという。そのため、さらに痒みが広がってしまいます。

痒みを効果的に取り除く方法

すぐに病院などにいけない時に効果的に痒みを取り除く方法があるということでした。それは、氷で冷やすという事でした。

氷で冷やすと、痒みの原因であるヒスタミンの活動が衰えるのでかゆみを抑える事ができるという。しかし、氷をいれた袋を直接皮膚に当てることはNGです。冷やし過ぎるとそれが原因で逆に痒みが増してしまうからです。

なので必ず、氷を入れた袋をタオルで巻いて冷やしましょう。