気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ピーナッツを良く食べるほど血管が強くなりしなやかになる? 1日の食べる量は?

スポンサードリンク

ガッテンでは、ピーナッツに含まれている油の健康効果について取り上げていました。ハーバード大学の研究によるとこのピーナッツオイルの健康効果として心臓病や糖尿病、腎臓病の予防の他、血管が原因による死亡率を2割も減少させるということでした。そのピーナッツを食べる1日の量とは?ちなみにピーナッツオイルと表現していますが、ピーナッツ(落花生)の50%は油です。

ピーナッツの健康効果と1日の摂取量

ピーナッツの消費に関する驚きの論文をハーバード大学が発表しました。ハーバード大学附属病院の30年にも渡る追跡調査によってピーナッツの健康効果が明らかになりました。

ハーバード大学附属病院のピーナッツの健康効果の研究を取り仕切ってきた栄養学の権威、ウォルター・ウィレット教授は12万人の食生活を30年に渡って追いかけてきたという。

そこで浮かび上がったのがピーナッツでした。なんと、このピーナッツを良く食べる人ほど長生きしているということがわかったということでした。

ウォルター教授によると、ピーナッツはこれまで体に悪いと信じられてきたが、しかしこれは大きな誤解だったという。

ピーナッツを食べれば長生きが期待できるだけでなく、生きている間も健康でいられるということでした。

ピーナッツが血管強くしなやかにする理由

ピーナッツはその50%が油でできています。つまり、ピーナッツを食べることはピーナッツオイルを摂取していることになります。

このピーナッツに含まれているオイルは主にオレイン酸、パルミチン酸、リノール酸、αリノレン酸です。

これらが悪玉コレステロールを下げ、血管を作り、強くします。

この事が死亡率を下げ、心疾患や腎臓病のリスクを下げることになるそうです。

ピーナッツの1日の摂取量は?

ピーナッツを1日に食べる量は1オンスとされています。1オンスはおよそ28gでピーナッツの数にすると20粒程度。これが1日の摂取量とのこと。

ウォルター教授によるとピーナッツはカロリーが高いので、肉や炭水化物をピーナッツに少し置き換える方法がおすすめだということでした。