気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

心の老化の原因とは? 怒りっぽい 行動力がなくなったら注意

スポンサードリンク

その原因Xにありでは、心の老化を取り上げていました。何事もめんどくさくなり、やる気がでない、さらに些細なことでイライラし感情が抑えきれずに怒る。行動力がなくなり、感情のコントロールができなくなったら心が老化し始めているとのこと。

心の老化の原因 毎日マンネリ化した生活にあり

どのようにこころの老化が起きるのか。長年脳の研究を行い1万人以上の脳画像を見てきたという加藤プラチナクリニック院長の加藤俊徳先生によると、心の老化の原因はマンネリ化した生活にあるということでした。

同じことを繰り返していると、脳は知っている、わかっていることは自動的に行なってしまうという。そのため、脳もマンネリ化してきて省エネモードになり、心の老化につながるとのこと。

このマンネリ化は、脳の神経線維を衰えさせてしまうとのこと。神経線維は脳が情報交換するための道のようなもの。

この神経線維が衰えてしまうと、その道の先にある感情を抑制したり判断力をつかさどる前頭葉の働きが悪くなってしまうという。

心の老化度チェック

番組ではこころの老化度チェックを行っていました。次の項目のうちどれにあてはまるのかチェックしてみましょう。

  1. 話したいことを我慢できず相手と会話が噛み合わない
  2. 食べ慣れた料理を注文することが多い
  3. 場の空気を読めず、オヤジギャグなどを言ってしまう
  4. 友人との約束は相手から誘われるのを待つ
  5. 年齢を理由に行動をためらう

2つ以上あてはまった方は心が老化しているとのこと。

キレる老人になる可能性

心の老化を放置しておくとキレる老人になってしまう危険性があるとのこと。しかし、脳の神経線維は何歳でも成長させ伸ばすことができるということでした。

心の老化を改善する方法

面倒臭いを我慢して、面倒くさいことをやってみると神経線維が伸びるチャンスだという。

心の老化を改善させるポイントは、普段やらないことをやることだという。

80代の男性は、未経験だったドラムを始めたことで神経線維を成長させることに成功したとのこと。

このドラムを始めたこと(新しいことにチャレンジしたこと)で心の老化を予防することができたそうです。