気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

膀胱をやわらかくする体操で頻尿・残尿感・尿漏れを解消する方法

スポンサードリンク

ガッテンではトイレの悩み、頻尿・残尿感・尿漏れの解消法について取り上げていました。オシッコの悩みは膀胱が関係しているという。番組では硬くなった膀胱を柔らかくする体操、膀胱がやわらいかいかどうかをチェックする方法などが紹介されていました。

膀胱を柔らかくする体操のやり方

頻尿や残尿感、尿漏れの原因になる不健康な膀胱は硬くなっているという。一方、これらの残尿感や頻尿、尿漏れなどの不快感の無い健康な膀胱は柔らかく、弾力性があるとのこと。

一度硬くなった膀胱は、元の柔らかく健康な膀胱に戻すことができるということでした。それが次に紹介する肛門を締めるけるだけの体操だという。

体操のやり方は次の通りでした。

  1. まず、椅子などに座ります。
  2. 次に肛門を締め付けるように力を入れて5秒間キープしてゆるめます。これを1セットとします。
  3. 目標は1日20回行います。少しずつでも毎日続ける事が大切とのこと。

ちなみに、肛門を締め付ける姿勢についてですが、つま先立ちで行っても、寝ながらでも、座りながら行っても効果があるとのこと。

早い人なら4週間で効果が出るそうです。3ヶ月で多くの人が尿トラブルの改善を実感しているとのこと。

体操で尿トラブルが解消した理由

膀胱が硬くなり尿トラブルを起こす理由は、膀胱の血流の悪化によることが原因。そこでお尻締め付け体操を行い、骨盤底筋を鍛え、血流を良くすることで健康な柔らかい膀胱に回復するということでした。

自分の膀胱の柔らかさのチェック法

あるものを測ると自分の膀胱の柔らかさが分かるということでした。それは尿を出すときにかかる時間

この時間が短いほど、オシッコをためにくい膀胱で伸縮しにくく硬くなっているということでした。

ちなみに、基準となる時間は40代男性で21秒、女性の場合は40秒。基準値より男性はマイナス10秒以下、女性はマイナス5秒以下だと尿がためにくい膀胱だということでした。