気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

世界一受けたい授業 東大式ヒザ痛解消法 京大式腰痛解消法

スポンサードリンク

世界一受けたい授業では東大ヒザ痛VS京大腰痛の健康対決がテーマでした。腰の痛み、ヒザの痛みを和らげる方法驚きの方法とは。腰痛解消は京大の長谷川聡先生が、ヒザ痛解消法は東大の福井尚志先生が教えてくれました。

京大式腰痛解消法 長谷川聡先生

厚生労働省による自覚症状による調査で1位は腰痛。腰痛の原因としては椎間板ヘルニアや圧迫骨折などですが、これは全体の15%程度。腰痛原因の残り85%は原因不明

ぎっくり腰はレントゲン写らず、原因不明。また、ストレスも腰痛の要因のひとつ。脳には痛みを抑えようとする部分がある。それがストレスによって機能しなくなり腰痛になるという。

武豊騎手のトレーナーでもある京大の腰のエキスパート、長谷川聡先生の腰痛解消方は次のとおりでした

腰痛解消法の前に2つのタイプをチェック

自分が良いと思う姿勢を取りながら、ゆっくりと壁に背中をつけて立ちます。

  • 猫背タイプ:壁におしりより先に背中が着いた場合
  • 反り腰タイプ:壁に背中よりおしりが先に着く。

反り腰タイプ 京大式腰痛トレーニング

このタイプの腰痛解消のポイントは大腿直筋(太ももの筋肉)を伸ばす事だという。大腿直筋が硬いと骨盤が前に傾き腰が反ってしまうという。トレーニングのやり方は次のとおりでした

トレーニングその1

  • 脚の片ひざを床に着き、両手は前脚のヒザの上に置きます。
  • 背筋をまっすぐに伸ばしたまま股関節を前にだします。
  • そして10秒間キープします。1日左右10回行います。

トレーニングその2

次のトレーニングは大腰筋を鍛えて体の軸を鍛えます。

  • みぞおちに中指と薬指を置きます
  • みぞおちの奥の筋肉を押しながら背中を丸め息を吐くます。
  • この時お腹の力で右脚を上げます。これを10回、反対側も10回と1日2セット行います。

東大式ヒザ痛解消法 福井尚志先生

ヒザの痛みは命に関わると主張するのは、東京大学のヒザのスペシャリスト福井尚志先生。ひざの関節をあなどってはいけないという。

東京大学22世紀医療センターの調査によると、ヒザ痛に気づいていない隠れヒザ痛の人は1730万人以上いるとのこと。今現在、痛みが無くとも関節は悲鳴を上げているとのこと。

先生によるとヒザの炎症を抑えるためには太ももの筋肉を鍛えると効果的だということでした。理由はヒザの太ももの筋肉を鍛えることでヒザの関節を安定させる事ができるためだという。

東大式ヒザ痛解消トレーニング方法

  • 椅子座ります
  • 片方の足をまっすぐに伸ばし5秒キープします。
  • これを右脚左脚交互にそれぞれ10回、朝晩2セット行います。