気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

柿のβクリプトキサンチンを増やす方法と健康効果 自宅で簡単干し柿の作り方

スポンサードリンク

あさイチでは、柿の健康効果について取り上げていました。なんでも柿に含まれているβクリプトキサンチンという成分には骨粗しょう症や肝機能障害、動脈硬化の予防効果があるという。そのβクリプトキサンチンを増やす方法とは。また、番組では、チェさんの自宅で作る干し柿の作り方も取り上げていました。

βクリプトキサンチンを増やす方法

柿の健康効果について詳しく教えてくれたのは柿の栄養研究19年のスペシャリストで研究員の新川猛さん。

新川さんが生活習慣病予防に期待ができると注目している柿の成分がβクリプトキサンチン

βクリプトキサンチンは動脈硬化や肝機能障害、骨粗しょう症予防に効果が期待できる成分だということでした。

βクリプトキサンチンを簡単に増やす方法

この柿の成分を増やすにはなんと室温の部屋に置いておくだけで良いとのこと。

部屋の中に置くとβクリプトキサンチンが増える理由は、研究によって温度が高い方がβクリプトキサンチンは活発に作られるという事がわかったからだということでした。

そのため、温度が低い冷凍庫や冷蔵庫に入れておくよりも、室温の部屋のなかにおいておくほうが良いということでした。

チェさんの自宅で簡単に干し柿を作る方法

チェさんは3年間干し柿を自宅で作る方法を研究してきたという。干し柿を家で作るのはカビや腐ったりして実は難しいという。

チェさんの干し柿の作り方には、薄切りタイプとくし形タイプの2種類ありました。

薄切りタイプ

完成までおよそ2時間程度で作ることができるそうです。

  1. 皮をむいた柿を薄切りにします。3ミリ程度
  2. オーブン用の紙の上にカットした柿を並べて電子レンジで加熱します。
  3. 500wで3分間加熱したら、ひっくり返して1時間おきます。
  4. もう一度3分間電子レンジで加熱し、ひっくり返して1時間放置したら完成です。

くし形タイプ

くし形タイプは完成までおよそ1ヶ月ほどかかるそうです。

  1. 柿の皮をむき、くし形に6等分します。
  2. およそ5分間電子レンジにかけます。取り出して1時間ほどおきます。
  3. 同じように電子レンジに3回かけます。
  4. 次にザルに広げて丸一日干します。
  5. 後は1ヶ月間、冷凍庫に保存しておくと食べごろになるということでした。