気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

腰痛の新原因 タイトハム(膝裏の筋肉の硬直)10秒ストレッチで解消

スポンサードリンク

みんなの家庭の医学では、腰痛の新原因が紹介されていました。なんでも腰とは関係の無いハムストリングスという太ももの裏にある筋肉が硬くなる事(タイトハム)が原因の腰痛が、今回紹介していた新原因の腰痛でした。腰痛が新原因のものなのかどうかは前屈検査をすることで簡単にわかるということでした。

タイトハムを見つける前屈検査 腰痛の新原因

次のような前屈をすることでその腰痛が新原因のものなのかどうか簡単わかるということでした。

  1. かかとを揃えてつま先を拳一つ分ほど開けてまっすぐに立ちます。
  2. 次にヒザを真っ直ぐに伸ばし、息を吐きながら前屈します。
  3. 指は床につくかどうかチェックします。
  4. そしてゆっくり元に戻します。

指が床につく方は問題が無いという。一方指がつかないという方は あなたの体は厄介な病気に陥りやすくなっているかもしれないという。指先が床上15センチ以上上にあった場合、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)が硬くなっている可能性があるという。

タイトハムが腰痛の原因になる理由

健康だと前かがみになった時ハムストリングスがゴムのように柔軟に動き骨盤をフォローして骨盤が傾くので腰に負担が余りかかりませんが、タイトハムになると骨盤が傾かないので腰椎に負担がかかってしまうので腰痛の原因にナルトのこと。

通常筋肉は、加齢や運動不足が通常原因ですが、ある何気ない動作でハムストリングスが硬くなるという。骨盤が後ろ反ってる姿勢、ソファーに深々と座っている感じの体勢をしているとハムストリングスを硬くしてしまうという。一見するとリラックスしているようですが長くするとハムストリングスが硬くなるという。

タイトハムを解消する10秒ストレッチ

番組で紹介していた腰痛の新原因を解消させるタイトハムを和らげるストレッチのやり方は次の通りでした。

  1. ひざの高さほど椅子を用意して浅く座ります。
  2. 足の指がひざの真下に来るように位置を調節します。
  3. 手で両方の足首をそれぞれ後ろからつかみます。
  4. 胸と太ももをつけて頭を下げます。
  5. そしておしりを上げてひざを伸ばします。但し無理はしないこと。
  6. 太ももの裏がいた気持ちよいくらいに伸ばし、10秒間キープさせます。
  7. そしてゆっくり元にもどします。これで1セット。朝と晩2セットずつ行います。