気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

氷酢たまねぎの作り方と1日の摂取量と効果 血管年齢を若返らせる調味料 サタデープラス

スポンサードリンク

サタデープラスでは、夏にピッタリの血管若返りのスーパー調味料の氷酢たまねぎの作り方と1日の摂取量、健康効果を紹介していました。さらに番組ではタレントの早見優(49歳)さんとお笑い芸人のTKOの木下(44歳)さんが氷酢ショウガを食べてどれくらい血管年齢が若返るのか検証していました。

氷酢玉ねぎの作り方と1日の摂取量と健康効果

アンケートで1000人中602人が真似したいと答えた、血管を若返らせるスーパー氷の調味料は氷酢玉ねぎでした。

そんな氷酢玉ねぎの作り方は次の通りでした。

氷酢たまねぎの作り方と1日の摂取量と食べ方

8日分<材料>

  • 玉ねぎ…2個(大きいサイズ)
  • 酢…150ml
  • ハチミツ…100ml

作り方のポイント

  1. 玉ねぎの皮をむき、4等分にカットします。
  2. ミキサーに玉ねぎとお酢、ハチミツを入れて混ぜてピューレ状にします。
  3. これを製氷皿にいれ、冷凍庫で一晩凍らせます。

たったこれだけで氷酢玉ねぎの出来上がりです。

製氷皿で作ると1ブロック25gの氷酢玉ねぎが完成します。1日の摂取量は3ブロック(75g)食べることでした。

氷酢玉ねぎの食べ方は普段の食事にプラスするだけ。一杯の熱々の味噌汁に2ブロックを加えたり、魚のドレッシング、カレーライスに加えるなど使い道はいろいろです。

氷酢玉ねぎの効果

氷酢玉ねぎの効果は血液をサラサラにして、血管を若返らせるということでした。詳しく教えてくれたのは南越谷健身会クリニック院長の周東寛先生でした。先生は玉ねぎ研究を20年続けるスペシャリスト、世に送り出した書籍も100冊を超えるという。

酢には中性脂肪を減らして代謝力を高める作用の他、血流促進、血管拡張効果があるということでした。また、玉ねぎには血液をサラサラにして血流を良くする効果があるということでした。

玉ねぎと酢の組み合わせは効果を倍増させる最高の組み合わせとのこと。

早見優さんと木下さんの結果

実際にタレントの早見優さんとお笑い芸人の木下さんが氷酢玉ねぎ生活を10日間送りその効果を検証していました。血管年齢は早見さんがマイナス10歳で木下さんがマイナス17歳という結果になっていました。