気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

1日1万歩ウォーキングは突然死の危険? 長寿のための歩数は8千歩と早歩き20分!

スポンサードリンク

ウォーキングは1日に1万歩以上すると健康に良くないという。なんと1万歩以上歩くと突然死のリスクがアップするとのこと。サタデープラスでは健康を維持するための1日の歩数と歩き方が紹介されていました。1日に1万歩以上歩くと健康に良くない理由とは。

1日1万歩以上歩くと健康に悪い理由

歩けば歩くほど健康に良いと言われていますが、研究によるとこれは間違いだったということでした。このことについて詳しく教えてくれたのは、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利先生でした。

先生は『やってはいけないウォーキング』という本の著者でもあり、この書籍は去年ベストセラーになったとのこと。

先生によると、まず1万歩や2万歩だと貧血になったりすることもあるという。

これは歩きすぎによって足の裏の血管を通っている赤血球を踏み潰して壊してしまうためだということでした。実際マラソンランナーで貧血に悩む人も多いとか。

そもそも血管は普段から様々な物質によって傷つけられているという。でも若いうちはすぐに修復されるので余り問題ではないが、歳を重ねるうちにその修復力が衰え、その修復のスピードが間に合わないのに運動などによって血流が上がる状態が続くと血管が自ら守ろうと硬くなり動脈硬化のリスクも高くなるという。

1日8千歩とその中に早歩き20分がベスト

青柳先生によると、いろんな病気を予防しようとウォーキングをするならば、1日8千歩歩いてそのうち20分は早歩きすると良いということでした。

普段どのくらい歩いているのか

番組では、3人の女性に1日どれくらい歩いているのかを調査していました。結果は次のとおりでした。

専業主婦の方の1日の歩数は5600歩でした。買い物や掃除、子育てなどで歩くことが多いということでした。

オフィスワーク(ウェブデザイナー)をしているある女性の1日の歩数はおよそ9000歩でした。この方は日頃から歩くように心がけているとのこと。

次に、販売員をしている女性の1日の歩数は18000歩。この方はお店を一人で切り盛りしていて接客から商品の補充まで店内を歩き回る毎日だという。