気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

IGF-1(筋肉若返りホルモン)を増やす方法 アルギニンが効果的?1日の摂取量など

スポンサードリンク

みんなの家庭の医学では、筋肉若返りホルモンを取り上げていました。 衰えた筋肉を若返らせるホルモンのIGF-1とはどんなホルモンなのか。また、このIGF-1を増やすための栄養素であるアルギニンの1日の摂取量、どんな食材に多く含まれているのか。

筋肉若返りホルモンIGF-1とは

筋肉若返りホルモンとは、肝臓から分泌されるIGF-1という名前のホルモン。これはいわゆる成長ホルモンの一種で、これが分泌されて筋肉にくっつくと筋肉の成長を効果的に促進するという。

この筋肉若返りホルモンを上手に出せずにいると、運動してもなかなか筋肉がつきにくくなってしまうという。ウォーキングなどしても筋力がアップしないという方はこの状態になっているかもしれません。

アルギニンがIGF-1を増やす

筋肉若返りホルモン(IGF-1)を増やす働きがあると考えられている栄養素とはアルギニン。アルギニンはタンパク質に多く含まれているアミノ酸の一種。

このアルギニンが腸で吸収されると脳を直接刺激し、脳から肝臓に筋肉若返りホルモンを分泌するように司令が送られる。

これによって、全身の筋肉が通常よりも発達しやすくなるという。

アルギニンが豊富な食べ物と1日の摂取量

アルギニンが多く含まれている食べ物には鶏肉、豚肉などの動物性タンパク質の他、豆腐などの植物性タンパク質などがあるという。

では、1日にどのくらい摂取すれば良いのか。

東京医科大学の市原淳弘先生によると、だいたい1日5gのアルギニンを摂ることでIGF-1の分泌を効果的に生み出す事が知られているという。

日本人の平均アルギニンの1日の摂取量は1日3g程度だという。番組では肉を沢山食べなくても良いちょい足し素材でアルギニンの摂取を増やす方法が紹介されていました。

普段の食事にちょっと加える食材は次のとおりでした。ちょい足しする食材と、アルギニンの含有量は次のとおりでした。

  • 油揚げ…1枚あたり0.4gのアルギニン量
  • たまご…1個あたり0.5gのアルギニン量
  • 豆腐…1丁あたり1.3g
  • かつおぶし…小分けパック2つで0.5g
  • のり…全型4枚で約0.3g
  • ごま…大さじ3杯で約0.8g

これらの食材を、1日の食事に取り入れてある女性が1週間実践した結果、IGF-1の分泌量が基準値を超えていました。

この女性は、IGF-1の値が91でした。これは基準値の100を下回っていましたが、ちょい足し食材で103までアップさせる事ができました。