気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

モーニングバード いかり肩・なで肩のための肩こり解消法とストレッチのやり方

スポンサードリンク

モーニングバードでは肩こり解消法が紹介されていました。いかり肩、なで肩のタイプ別に解消法が違うという。この肩のタイプ別に行う肩こり解消法を指導してくれたのは竹井仁医師でした。肩のタイプの判別は簡単にできます。時計の針を9時15分に設定します。そして鎖骨のラインがその時刻の針よりも上ならいかり肩、下ならなで肩とのこと。

いかり肩、なで肩別の肩こり解消術

いかり肩となで肩別に肩こりを解消するためのストレッチと肩こり予防のための筋トレのやり方が紹介されていました。

いかり肩・なで肩共通の肩こり解消ストレッチのやり方

いかり肩となで肩に共通に効く肩こり解消ストレッチのやり方、名づけて見返り美人ストレッチ

見返り美人ストレッチのやり方

  1. 椅子に軽く腰掛け背筋を伸ばします。左手で椅子の後ろの方を持ちます。
  2. 首を右に倒します。そして鼻を右の肩の方に近づけてクルッと曲げます。
  3. 右の手を頭に重石のように乗せて、少し力を加えて30秒キープします。呼吸は普通でけっこうです。
  4. 同じように反対側も行います。
  5. 1日に3回行います。

いかり肩のための肩のストレッチ(なんだっけストレッチ)

次はいかり肩の方だけのストレッチです。僧帽筋をストレッチします。

いかり肩の僧帽筋ストレッチ

  1. 椅子に腰掛けて左手で椅子の後ろを掴みます。
  2. 右に首を倒します。
  3. 耳を右の方よりも前に出して、手をのせます。そして30秒間キープします。
  4. 反対側も行います。
  5. 1日3回行います。

いかり肩の人は見返り美人ストレッチとこのなんだっけストレッチの2つ行います。

なで肩の人の筋肉を鍛えるトレーニング

ストレッチが終わったところで次は、なで肩の人のための筋力を鍛えるトレーニング。なで肩の方は僧帽筋が弱っています。

なで肩のためのバンザイトレーニング

  1. 椅子に腰掛けて、肘を肩の高さまであげます。
  2. そして肩甲骨ごと肩をぐっとすくめるように上にあげます。肘ではなく肩甲骨を上に上げるイメージ。
  3. アゴは引いて、この体勢を5秒間キープします。そして元に戻します。
  4. リラックスしてもう一回行います。これを1日20回を目標に行います。

いかり肩のための筋肉トレーニング

いかり肩の場合は下げる筋肉が弱っている。

いかり肩のためのトレーニング

  1. 椅子に腰掛けて、肘を肩の高さまであげます。
  2. そして肩甲骨ごと肩をぐっと下げます。肘ではなく肩甲骨を下に下げるイメージ。
  3. 下げたところで、この体勢を5秒間キープします。そして元に戻します。
  4. リラックスしてもう一回行います。これを1日20回を目標に行います。