気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

脳の疲れを取る食材は鶏の胸肉(イミダゾールジペプチド) 入浴法と睡眠法 今でしょ講座

スポンサードリンク

今でしょ講座では、疲れの正体(脳の疲れ)の取り方紹介していました。脳が体に疲れていると錯覚させることで強制的に体を休めさせているという。脳が疲れる原因は脳の中心の脳幹にある全身機能を司る自律神経にあるという。番組では、脳の疲れをとる食材の鶏の胸肉と1日の摂取量、入浴法、睡眠法の3つを教えてくれました。

脳の疲れをとる食材 鶏の胸肉 イミダゾールジペプチド

脳の疲れは自律神経の疲れが原因。専門家によると、その自律神経の疲れを解消させる成分を含んだ食べ物があるということでした。それが鶏の胸肉だという。

その疲労回復に効果的と考えられている成分はイミダゾールジペプチド。渡り鳥が1万キロも飛ぶことができる理由は、このイミダゾールジペプチドが関係しているという。この成分は抗酸化物質で、鶏の羽の付け根の部分に多く含まれているという。

渡り鳥はこのイミダゾールジペプチドのおかげで疲れを解消させながら長距離を飛ぶことができると考えられているということでした。

イミダゾールジペプチドが多く含まれている部位が胸肉

鶏など食用のものは、空をとぶわけではないが、胸肉の部分に抗酸化物質であるイミダゾールジペプチドが多く含まれているとのこと。

疲れを取るなら鶏の胸肉を食べると効果的だということでした。

胸肉のの1日の摂取量

胸肉を食べる1日の目安としては、100gが効果的だという。ただし、2週間以上毎日食べ続けないと効果がないとのこと。

食事は寝る3時間前に済ませる

寝る3時間前までに夕食を済ませることで寝ている間に消化吸収せずに済むので自律神経を休ませることができる。

39度のぬるめのお湯で入浴

続いて入浴法。お風呂のお湯は39度のなるべくぬるいお湯に浸かることが自律神経を疲れさせないという。熱いお風呂にはいるとかえって体が疲れてしまうので逆効果だということでした。

体がつかれたと思ったら39度のぬるめのお湯に浸かるのがベストだという。

睡眠法

最後は脳を休める睡眠法。コツは次の通りでした。

  1. 寝る2時間前は部屋の明かりをオレンジ色にする。:これは夕焼けがきっかけで自律神経が体を眠る方向に動かすためだということでした。
  2. 抱きまくらをつかって抱えるようにねる:自律神経をつかれさせる最大の敵はいびき。なので、抱きまくらをつかって横向きに寝るようにしていびきをかかないようにすると良いということでした。
  3. </ol