気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

主婦が陥ったホワイトニングトラブル 母親のインプラント治療に問題が! 急増する歯科トラブル

スポンサードリンク

近年は歯のなくなったところに人工の歯を埋め込むインプラントや歯を白くするホワイトニングなどの治療法が人気。しかし、このような治療のトラブルも多いという。ノンストップではインプラント治療やホワイトニングによるトラブルに巻き込まれたケースが紹介されていました。治療ミスなのかクレームなのか微妙な歯科トラブルとは。詳しく教えてくれたのは高村歯科医院・理事長の高村剛先生でした。

インプラント治療のトラブル 80代女性のケース

番組ではインプラント治療でトラブルに巻き込まれた80代女性を取材していました。

インプラント治療はアゴの骨にチタンでできたネジを埋め込み人工の歯をかぶせる治療。保険適用外で1本30万円ほどするという。通院期間は3~6ヶ月とのこと。

Aさんの母親(80歳)はインプラント治療によって被害を受けたという。

Aさんの母親は高齢で衰えた歯の治療に近所で評判の歯科医院を訪れたという。

そこの歯科医院では1本30万円のところを10万円前後でインプラントを行うと低価格が売りの歯医者さんだったという。

そしてAさんの母親はインプラント治療を受けたという。その後、間もなく治療を繰り返していくうちにだんだんと母親の歯が痛みだしてきたという。

そこで、痛みを抑える治療などが繰り返され、本来5本で50万円の治療費のはずが200万円近くにもなっていたという。

Aさんは母親を連れて他の歯科医院に連れて行ったという。そこでレントゲンをとって調べてみるとインプラントの一部が上顎を突き抜けて入り込んでいたという。

すぐに、その病院で手術を行い痛みは止まったという。

Aさんは不信感をつのらせ、以前インプラント治療をした歯科医院に説明を求めたという。

高圧的に「こういったことはよくあることです」と言ってきたという。

現在は提訴をするために弁護士と相談中だということでした。

このようなトラブルになるケースの多くは医師とのコミュニケーション不足によるものだということでした。

主婦が陥ったホワイトニングトラブル

主婦のHさん(45歳)は若く見られたいということでインターネットでホワイトニングについて調べて、とある歯科医院で1回3万円の治療を受けたということでした。

早速、鏡で歯をチェックしてみると…その時はまぁまぁ白くなっているという感じだったという。

そうして全4回のホワイトニング治療を終えたという。

しかし、Hさんは歯の白さについてイマイチ納得がいかなかったという。

そこでHさんは歯科医院に電話をして説明を求めたが、歯科医師に「個人差があることは事前に説明していた」と言われて電話を切られてしまったという。

ホワイトニングについての勘違い

高村先生によると、多くの方がホワイトニングについて勘違いをしていることがあるという。

ホワイトニングする方法がいろいろとあったとしても、それらは歯のエナメル質に作用する薬だという。

欧米人などはエナメル質が厚い人が多くホワイトニングをすると白くなるが、アジア人はエナメル質が薄いので場合によってはそれほど白くならないこともあるようです。