気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

男性がイラつく女性の行動 女性がイラつく男性の行動ランキング バイキング

スポンサードリンク

男性がイラつく女性の行動、女性がイラつく男性の行動のワーストランキングがバイキングで紹介されていました。異性の何気ない行動でイラつく時がありますが、その男女のイラつきの違いを検証するということで、心理カウンセラーが教える、知らないうちにやっている異性がイラつく行動をランキング。

男性がイラつく女性の行動ランキング

  1. 「どうしたの?」と聞くとという女性
  2. リアクションが大きすぎる
  3. やたらと2択を迫る
  4. 自分を自分の名前で呼ぶ
  5. 「ほんとに?」と聞き返す

1位は「どうしたの?」と聞くと「なんでもない」と言う女性。「なんでもない」と言うんだけれども、明らかになんでもない雰囲気じゃない。「なんでもない」と言ってコミュニケーションを切ることで相手の気を引きつけようとする、会話で自分優位に立ちたいという深層心理が働いているという。

2位はリアクションが大きすぎるでした。上辺だけでやっているだけじゃないのと思われてしまうので状況を考えてリアクションしたほうがいいとのこと。心理的には、人によく思われたいとか、好かれたいなどの欲求があるという。

3位はやたらと2択を迫るでした。「仕事と私どちらが大事」のような答えに困るような質問。この時の女性の心理は、自分の意見を押し通すのは良くないかなと思っている。しかし、これは男性には伝わらないということでした。

4位は自分を自分の名前で呼ぶでした。可愛いでしょアピールが鼻につく、自己愛が強いタイプだと思われてしまうということでした。

5位は「ほんとに?」と聞き返すでした。さい疑心が強い、疑い深い性格と思われてしまう行動ということでした。

女性がイラつく男性の行動

  1. 適当にうなずく男性
  2. 「逆に」を多用する男性
  3. 昔はワルだったと自慢する男性
  4. トイレの近くで待つ男性
  5. バッグを持とうとする男性

1位は適当にうなずく男性でした。心理学的に相づちは大切。はいはいと2つ返事するだけでも心なく聞こえてしまう。嫌々聞いているというメッセージを無意識に女性に送っているので、女性は話しづらいし、話す意欲もなくなってくるということでした。

2位は「逆に」を多用する男性。実は「逆に」と言うわりに内容が逆になっていない事が多い。会話の最後は自分が仕切りたいという感じが漂うという。

3位は昔はワルだったと自慢する男性、女性にとって、そのような自慢はリスペクトの対象にならないということでした。

4位はトイレの近くで待つ男性トイレの近くで待たれると女性にとってプレッシャーになることがあるということでした。お手洗いは女性にとって、ゆっくり身なりを整えたいとか、お化粧し直しをしたいという場所でもある。1番いいのは男性はウィンドウショッピングなどをしながら待つと良いということでした。

5位はバッグを持とうとする男性、「持とうか」とあえて口に出してくるということが気が利くと思われたいアピールになっている。